ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

モーツァルト - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[25241]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [06/01/22 15:51:45]

学生氏、おめでとう。

人前で弾く時には、常に今回の様に弾くと、必ず上手になります。今後の御活躍をお祈りいたします。

[25063]

Re: モーツァルト

[その他]
 りむじん [06/01/02 21:16:53]

おめでとうございます!!素晴らしい!
学生さんが、努力と研究を重ねた成果だと思います。
これからもますます精進していってください!
いつか学生さんの演奏を聴いてみたいですv(^^)v
ほんとうにおめでとう♪♪

[25058]

Re: モーツァルト

[その他]
 学生 [06/01/01 22:13:35]

遅くなりましたが、無事コンクールに入賞する事が出来ました。
pochi様をはじめ、多くの方々、本当に有り難うございました。

[24826]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [05/12/06 2:51:13]

>無茶苦茶な運弓、無茶苦茶な運指、
尋常ならざるポジション移動の禁止・強制、理屈に合わない下降音系の運指、フレーズと全く関係ない所での弓の返し、長いフレーズでの弓の返しの禁止、等々ですね。しかも気分で勝手にどんどん変えて行くんです。文句を云っても、"Little bit tricky"との深遠なる答えに、言を窮するのみでした。師曰く、モーツアルトでは技術的制約が音に表れるのは駄目らしく、ベートーヴェン以降では、技術的制約をさも易しそうに弾くのが良いのだそうです。

[24819]

Re: モーツァルト

[その他]
 ドンカルロの祖父 [05/12/05 21:24:29]

自分が完全に嫌になり、修道院に逃避していた私がだれかはPochiさんがご存知です。

久しぶりに見たらpochiさんの書き込みが面白く、呼び覚まされました。
モーツァルトの音楽に関しては、エドマンド・バークが
「美と崇高」のなんたらかんたら言う本の中でいったこと
「"beautiful"と"sublime"は違うよ」
ってのがどの程度あてはまるか。
サブライムなモーツァルトはあり得ると思うのですよ。
昔LDで出ていたポネル演出のオペラ「イドメネオ」はサブライムな面を巧く出していました。近々DVDが出ますが…。
モーツァルトの協奏曲はオペラの器楽版ですから、オペラをたっぷり聴いておくと大いにヒントがあります。視覚的な面もDVDソフト等で親しんでおくと、確かに違うように思っています。

[24818]

Re: モーツァルト

[その他]
 michel [05/12/05 21:22:01]

24811 pochi様

>ノン・ヴィブラート、メトロノーム練習、
は何となく分かるのですが、

>無茶苦茶な運弓、無茶苦茶な運指、
とは具体的にどのようのものなのでしょうか?お教えいただけますと幸甚です。

[24817]

Re: モーツァルト

[その他]
 yoshie [05/12/05 21:18:10]

必ずしも巨匠の弾き方をまねても、コンクールの審査員にいい印象を与えられるかどうかわかりませんが、参考にしてはいかがでしょうか。
BS2−NHKにて、金曜深夜に放送されます。
2:00.23 バイオリンの芸術
「バイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216」 モーツァルト作曲
「バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64」 メンデルスゾーン作曲
ほか              (演奏)イェフディ・メニューヒン
                  ダヴィート・オイストラフほか
                【話】イツァーク・パールマン
                     イヴリー・ギトリスほか

[24814]

Re: モーツァルト

[その他]
 “少し疑問”の名で投稿した人です [05/12/05 19:26:52]

みも様

すみません、少し私の書き方が悪かったようです。
と言うより、多分私が勝手にあなたの文章の意味を取り違えていました。
“解釈”とあるので、お子様が曲の“解釈”(本人が、その曲をどう弾きたいかとか)に対して親がいちいち干渉するのかな?と思ったのです。そんな音程云々のそんな基本的な当たり前の事とは思いもしませんでした。すみません。確かに基本的な部分は小さいお子様なら親のチェックは必須でしょう。がんばって下さいね。

最後に、話題がずれてしまった事を皆様にお詫び申し上げます。

[24811]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [05/12/05 1:11:20]

モーツアルト345に共通して、思いだしたこと。
●曲の中に2人て、おしゃべりをしているような所が沢山有るので、これを守る。
●サラッと弾くというのが、基本だが、平面的に成り勝ちなので、立体的な演奏をする。

下記は、私の体験談。
ノン・ヴィブラート、メトロノーム練習、無茶苦茶な運弓、無茶苦茶な運指、の激しい修業の様な訓練を強いられ、虐めかと疑いながら訓練して、レッスンに臨んだら、弾き易い形に直して呉れて、上記の2つを細かく習いました。

師は、兎角私が不合理であると思う運指や運弓で練習させるのが好きでした。後々考えると、技術的欠陥を克服させる為の練習法だった様です。得意だと思って居た曲だったので、非常に苦しみました。

超高性能録音機器を導入し、マイクを楽器に近づけて録音し、高性能ヘッドフォンで、師の指示通りに自分の演奏を細かく修正しました。

[24809]

Re: モーツァルト

[その他]
 リムジン [05/12/05 0:27:32]

みも様、はじめまして。
「子供が小さいうちは、先生+親の力」というのは、そのとおりですね。
ある程度の年齢になれば、自我が出ますし、やる気のない子は、親がいくら「練習しろ」と言ってもしなくなります。その時は親はいさぎよく諦めて、子供が興味を持つことをサポートしてあげるべきだと思います。将来音楽家になるか、というのは、楽器を習い始めて2−3年で見えてくると思います。そういうお子さんは、普通の子と違い、音楽に真剣で、夢中です。

みも様のお子さんは、何歳かわかりませんが、まだ小さいとのことですので、小学校の低学年以下くらいかと推測しますが、その年齢でモーツァルトを弾くというのは、かなりのものだと思います。

モーツァルトは、ごまかしが利かないというか、表情がつけにくい曲ですので、素直に正確に弾くのが一番ですが、それがまたムズイのです。うちの子もさんざん泣かされました。 でも、若いうちに取り組む曲としては大変優れていると思います。

[24800]

Re: モーツァルト

[その他]
 みも [05/12/03 23:23:52]

私は音楽は習ったこともなければ楽器を弾いたことすら殆どありません。

親が納得、というのは、ピアノ、ヴァイオリンで子供をある程度まで行かせよう、という親御さんなら誰でも判る事です。
基本的な音程から始まってアクセント、ダイナミック、音色、ボウイングその他色々と日々チェックです。
そんな基本的なことはお母さんが毎日〜と先生からも言われます。
つまり、親が聞いてもスカなものを先生や人前には持っていけない、
ということです。

そこらあたりをどうとるかはその人その人で違いましょうが。

子供のやる気を小さい頃補うのは先生+親です。

モーツァルトとはあまり関係がないのでこのヘンで。

[24797]

Re: モーツァルト

[その他]
 少し疑問 [05/12/03 0:21:24]

みも様

>子供が解釈して弾き、私が納得すればそれがいまのところの上出来、です。

とありますが、きっとみも様は音楽をされている方なのでしょうね。
しかし、お子様が弾くのに、何故親が納得して上出来となるのですか?私は少し疑問に思うのですが、理由を教えて頂けますでしょうか。

[24795]

Re: モーツァルト

[その他]
 みも [05/12/02 12:32:36]

評価を気にしては、というより私は気に出来ないんです。
弾くのは私ではなく、子供が弾くのですが、
子供が解釈して弾き、私が納得すればそれがいまのところの上出来、です。
どの曲も今出来る技術と感覚?をすべて入れ込もうと努力します。
その上で先生の注意を聴きます。
そしてああ、先生はこう解釈するんだな、と納得します。(でも私はこうだな、こうもできるかとも考えます。)
コンクールに出るときもそうです。
pochi様のご意見、まことにごもっとも。
うちの子供はまだ小さいですが、努力精進いたします。

今度モーツァルトの五番を始めますが、またこれが難しそう・・・。


[24790]

Re: モーツァルト

[その他]
 学生 [05/12/01 21:57:13]

24786] pochi様

一応[24785]ではああ書きましたが、pochi様がどういう意味でそれをいったかとても悩みました。
やはり[24785]の私がいったことが本当(?)の意味ではなく、私が学生、まだ将来のある人間ということで少しきつくいってくれたんだろうなぁ、と今頃感じでおります。
貴方がそういう方だということを深く考えずに、失礼なことを申し上げてすみません。

<評価を気にして弾いて居ては、芸術家とは云えません。

仰るとおりだと思います。私の最も尊敬するヴァイオリニスト、イヴリー・ギトリス氏の演奏会に最近行きましたが、評価、ということを第一に考えずに、自由に本能のまま弾いていると思いました。(当然それを裏打ちする賢さがあるとは感じましたが)

まだまだ浅はかでした。
pochi様やあい様をはじめ沢山の方に頂いたアドバイスを頭に入れ、最近は練習に取り組んでいます。 
確実に自分がうまくなっているのが、MDの録音などでよく分かります。

ありがとうございました。

[24786]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [05/12/01 20:34:20]

[24779]の最後の一文は、書き込むか否か、かなり迷った上で、学生氏が今後音楽家として、生きて行く事を前提に敢えて書き込みました。

> あまりにも常識外れだと思います。
****私の過去の投稿を読めば、私が常識人ではない事は直ぐにお解りいただけると思います。

演奏家を目指す者は、演奏の瞬間、「死んでも良い」と思って弾くべきです。(実際には出来ません)

"Brown Nose"って御存じですよね。評価を気にして弾いて居ては、芸術家とは云えません。その様な考え方なら、コンペティションに出るべきでは有りません。また、その様な演奏は、イヤラシイ演奏として最も嫌われ、決して入賞出来ないのです。

これは、私が19世紀の巨匠に叩き込まれた音楽の神髄とも云えるものの一つです。

[24785]

Re: モーツァルト

[その他]
 学生 [05/12/01 17:22:28]

皆様、意見有り難うございます。
コンクールについてあまり知らなかったので、とても参考になりました。
<S様
<CDなどとだいぶ近くなったってるのではないでしょうか?

確かにCD(グリュミオー等)とかなり近くなっています。

<pochi様
<私の予想ですが、投稿を読む限り、あなたは入賞出来ません。

いつも見させていただいていますが、根拠もなく、人を否定することや上から偉そうに言うのは、あまりにも常識外れだと思います。

【投稿にあたって注意して頂きたい点】
「評論対象となった個人・法人が気分を害す可能性がないことを、投稿前に相手の立場になって自問しましょう。 」

とあります。 今回はpochi様の言葉を受け、とてもショックを受けました。
以後このような事は謹んで頂きたいと思います。それがこの掲示板をより活性化させることになると思います。

<リムジン様
<色々心配は尽きないと思いますが、本番で自分本来の力がでるよう、徹底的に練習して、自信を持って臨んで欲しいと思います。

ありがとうございます。 これからもっと練習をして、自信を持って望みたいと思います。

[24782]

Re: モーツァルト

[その他]
 リムジン [05/12/01 16:44:46]

学生さん、色々心配は尽きないと思いますが、本番で自分本来の力がでるよう、徹底的に練習して、自信を持って臨んで欲しいと思います。

私の子供も中学2年の時、とあるアメリカのコンクール(中、高生の部門)で、優勝した経験がありますが、その時の課題曲はモーツァルトの第四番、自由曲では、ヴィエニャフスキーの2番を弾きました。モーツァルトの方が大変でした。皆さんがおっしゃるように、地がそのままでてしまいます。でも、力試しと思ってがんばってください。

pochiさま、いつも大変参考になるご意見、ありがたく拝見しておりますが、
今回のコメントはいただけませんね。学生さんの演奏を聴いたわけでもないのに、ああいう断定的かつ否定的な意見は慎むべきだと思います。

[24781]

Re: モーツァルト

[その他]
  [05/12/01 10:44:17]

>学生さま
>シャーマー版(フランコ)は楽譜が原譜と比べて、変というか違うのですが、

そうなんですよ。シャーマー版だけはかなり変です。
装飾音がターンになってたり、リズムが違ったり・・・などと、
結構オリジナルとは違います。フランコのカデンツァが付いてることから、
結構使ってる方が多いとは思いますが、あまりお薦め出来る版ではありません。
先生が書き換えたそうですが、CDなどとだいぶ近くなったってるのではないでしょうか?
どちらにしても審査員はある程度、版の違いは理解してますので、
即減点とはなりませんので安心して下さい。


>pochiさま
>私の予想ですが、投稿を読む限り、あなたは入賞出来ません。

これは失礼ですよ。いい大人が余計な事を書くのは止めましょう。

[24780]

Re: モーツァルト

[その他]
 yoritomo [05/12/01 8:50:34]

どうあがいても地が出ますモーツアルトは。
地が勝負と思います。
自信を持って御弾き下さい。

[24779]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [05/12/01 8:36:33]

私は、コンペティションに出た事は有りませんが、オーディションで何度も弾いてセミプロ・オケには合格して居ます。

どうしようも無い先生に習って居る場合や、どうしようも無い審査員しか居ないコンペティションの場合、その様な事態は考えられない訳では有りませんが、40年前ならいざ知らず、現代の日本のヴァイオリン教育のレベルは非常に高く、その様な事は殆ど考えられないと思います。

学生の場合、どの様に評価されるかを気にする依りも、先生に習った弾き方を習得するのが仕事です。それで減点されても気にする必要は有りません。

下らない心配をせず、徹底的に先生のコピーをして下さい。先生の解釈が気に入らないのなら、ジャン・ジャック・カントロフやジノ・フランチェスカッティの完全なコピーをしてみて下さい。自分の解釈に自信が有るのなら、自分で楽曲分析を行って、弾いてみるのも良いと思います。

私の予想ですが、投稿を読む限り、あなたは入賞出来ません。

[24719]

Re: モーツァルト

[その他]
 学生 [05/11/26 20:03:09]

pochi様、有り難うございます。
先生が全て書き直してはくれたのですが、それが原因でコンクールで減点されないかが心配です。
先生の書いた事が間違っているとは全く思いませんが、その解釈が地元で通じるか心配です。

そういうことで減点されるようなアホなことがあるのでしょうか?
経験談など、何かご存知でしたら教えてください。

[24715]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [05/11/26 14:39:02]

モーツアルトの原譜には、書込みが少ないので、強弱記号等、書き加える必要が有ります。御自分で研究するときには、楽譜が何版かは関係有りますが、先生に習う場合、先生が全て書き換えるので、気にする必要は有りません。先生御指定の楽譜を購入し、御自分で手書きで写譜してお使い下さい。逆に書き換えることの出来ない先生は、楽曲分析の実力が無いので、その様な先生は無用の長物でしょう。蛇足ですが、私は専門家では無いので、楽譜を書き換えることは出来ません。

[24665]

Re: モーツァルト

[その他]
 学生 [05/11/21 20:15:31]

皆さん、意見有り難うございます。
いろいろと参考にさせていただきます。
引き続き教えて欲しいのですが、
シャーマー版(フランコ)は楽譜が原譜と比べて、変というか違うのですが、皆様はどうお考えでしょうか?
ご教授ください。

[24640]

Re: モーツァルト

[その他]
 james [05/11/19 17:02:11]

この曲は技術的にはそれほどでもないかもしれないけれど、きれいなお音で滑らかに弾くのはかなり難しいですね。私もできません。

チャイコフスキーのように弾いてしまうと、すごい曲になってしまいます。
当方も上品ではない為、こういう曲は苦手です。

右手の技術で皆さんも試しておられることがあったら教えてほしいぐらいです。

[24639]

Re: モーツァルト

[その他]
 あられもち [05/11/19 17:01:52]

子供に弾かせるなら、なにが何でも音程でしょう。
10歳以下の子供が、ひけもしないのに汚い音程でモーツァルトを弾くのなら、弾かない方が良いと思っています。子供らしいモーツァルトとは音程の悪いモーツァルトの事ではないからです。

あ、学生さんはお子さんではなかったですね。すみません。
やはり皆さんが書いていらっしゃる事が大切だと思いますが、やはり、正しい音程、これが一番だと思います。ヴィブラートなんだかんだはその次の問題かもしれません。

[24636]

Re: モーツァルト

[その他]
 ヘンデルおばさん [05/11/19 16:16:24]

子供がいま弾いています。
一生懸命ひくとダサく聴こえて、適当に弾くとすぐバレて、大きな音でひこうとするとつまんなくて、入れ込んでひくと、クサくて、・・・もう、カッコつかない状態です。
 やっぱり天才の作った曲(10代の終わりでしたっけ?)なので、むずかしいけれどそれをさりげなーく、自然に、サラサラっと弾くと、モーツアルトっぽいのかなあ、なんて思っています。
 雑念を払って、自然体に弾くのがいいのかもしれませんね。それはたしかにいままでのバイオリン歴?がモロにでてしまうってことなのでしょうか。
おそろしやー!

[24627]

Re: モーツァルト

[その他]
 ××のパパ [05/11/19 10:22:03]

偶然にも、今職場の待合室で、3番&5番のCDを流していました。
(カントロフ)

”素で、弾きなさい”
と子供の頃は、教わった記憶がありますが、、、、
素の意味がわかりません、、、、

なんでもかんでもビブラートをかけてたのを
注意された記憶があります、、、、

低レベルですみません,,,,orz

[24622]

Re: モーツァルト

[その他]
 あい [05/11/19 2:21:00]

pochi さんの意見に賛成。
私はモーツアルト苦手な人なので、苦手者としての意見を。
音量は最小限で練習すると、自分の欠点がわかります。
速度を上げるのこと、過剰なビブラートをかけること、練習中の大音量は
すべて悪い行為だと思います。小さな音で、美しい音と、的確な
表現を学ぶのが難しい。。。

[24617]

Re: モーツァルト

[その他]
 pochi [05/11/19 0:39:38]

テンポに気を付けて下さい。技術的妥協を一切許さず楽譜に忠実にサラッと弾いて下さい。音量、特に装飾音符の音量とアーティキュレーションに注意して下さい。必ずノン・ヴィブラートで練習して下さい。ヴァイオリン弾きの実力がもろに出る非常に難しい曲です。

[24616]

Re: モーツァルト

[その他]
 セイジ [05/11/19 0:05:51]

>モーツァルトのヴァイオリンコンチェルト

  怖い曲ですね。下手な解釈など無用です。

[24615]

モーツァルト

[その他]
 学生 [05/11/18 23:38:44]

今度、コンクールでモーツァルトのヴァイオリンコンチェルトの3番の一楽章を弾くのですが、いままでモーツァルトは殆ど触れた事が無く、解釈にとても困っています。

モーツァルトやこの曲に対する、皆さんの考えやアドバイスを教えてください。 また、一般常識等でも結構です。

それではよろしくお願い致します。

Copyright © 1995-1998, 2001-2018 violin@web all rights reserved.