ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

音程練習について。 - ヴァイオリン掲示板

記事番号: 削除キー:

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[53447]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/08/04 10:00:29]

出来れば、アドヴァイスに従って練習してみた結果報告をして下さい。

pochiの曰う事は「ウソ/ホント」だった、と明らかに出来ますし、掲示板の発展に繋がります。

私が考えもしない、もっと良い方法が出てくるかも知れません。

運弓と音程の関係は、
http://fstrings.com/board/index.asp?id=53437#53444
「クレア・ホジキンズ」の動画が関係あります。

///

散々行わせてみたのですが、チューナーでの音階練習は、正確な音程獲得には、無効です。上達に資する事もありません。この30年間で実証されています。

[53350]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/28 16:48:57]


http://www.fstrings.com/board/index.asp?id=53293


pochiさん、ありがとうございます!
>>>---人工フラジオは、「pp」では音が安定しないのではなく、音が出ないのです。だからチューナーが不必要なのですよ。

なるほど〜。音が出ないとは。確かに…。子供に試させてみます。


>>>人工フラジオの(特に全弓)練習をすると、運弓(特にpp)が上手くなる事が解っています。

頑張ります!一定の速度の全弓は難しいです。動画見ながらフラジオの勉強してみます。芯のあるpやppは難しいので、是非やります。


>>>人工フラジオの副産物として、1-4の幅を体感出来、オクターブ重音に繋がります。

オクターブ重音!子供もいつかたどり着けるでしょうか?

やっと、オクターブスケール(というのでしょうか?3rdのスケールです。)をやるところに来たところです。


いつもありがとうございます。

[53348]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/25 17:32:30]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53293#53347
あれ?氏、
http://fstrings.com/topics/listen.asp
http://silver-tone.com/library.asp
結構上手いと思います。

編集されたCDと、見本で弾いた実演をそのまま比較するのは、酷というものです。

本格的音楽教育を受けず、録音をよく聴いて、練習した人なのではないかな?と感じます。レッスンには「こういう心算で弾け」というのがあります。

高解像度録音であっても、
「こんな心算で弾いている」≠「この様に聴こえる」
で、録音を繰り返して修正して練習するのは、
「瞬間芸術である音楽が死んでしまうから、行っては成らない」
のだそうです。

[53347]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 あれ? [18/04/25 14:43:50]

藤田先生の動画を見ました。
うーむ、、音程とか音色とか微妙というか素人の方なのですか?

[53346]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/25 5:18:45]

なつ氏、

>フラジオの練習で、ppを出したりmpを出したりする練習はしたことがなかったので、針式チューナーで試してみます。
---人工フラジオは、「pp」では音が安定しないのではなく、音が出ないのです。だからチューナーが不必要なのですよ。

人工フラジオの(特に全弓)練習をすると、運弓(特にpp)が上手くなる事が解っています。

分数楽器(1/2)だと人工フラジオの難易度は高く、5th(A線ならFisの2オクターブ上)以上は鳴らないと思います。

子供にとっては、こんな音の出し方があるのだ、という面白さで、遊び半分、運弓が上手くなる手法です。通常の人工フラジオは4倍音ですが、5倍音・6倍音も出せます。

人工フラジオの副産物として、1-4の幅を体感出来、オクターブ重音に繋がります。

[53344]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/25 0:29:58]

http://www.fstrings.com/board/index.asp?id=53293

pochiさん、ありがとうございます。

>>>音律、センサーと人の耳の特性の違いから、針が真ん中に来る方が、間違っています。

針式チューナー、FASTにしてやってみます。


>>>毛の幅が元弓と先弓では違いますよね。同じ毛の量を使うのなら、元弓は寝かせ気味、先弓が立て気味になって然りです。

本当ですね。先弓と元弓では幅が違いました。気がつかなかったです。
子供はヴァイオリンを始めた当初から元弓で毛の外側を使うので気になっていました。
自然な動きなのですね。安心いたしました。


>>>その通りです。人工フラジオには、針式チューナーは不必要です。人工フラジオで「pp」を鳴らすのは非常に難しいのですよ。…

フラジオの練習で、ppを出したりmpを出したりする練習はしたことがなかったので、針式チューナーで試してみます。
フラジオもまだ、一番低い(各弦で)音しか出したことがないのですが、動画を例に挑戦してみたいと思います。


>>>音域が広い口笛感覚です。

子供はヴァイオリンを初めてから(その前はドレミすら知らなかった。)、学校の先生(声楽出身)に凄く良い声を持っていると急に褒められるようになり、授業で模範で歌わされたりしているようです。

なので、本人は得意になり、ハレルヤを歌い出したり、ヴァイオリン練習で譜読みする際もビブラート使いながら歌うようになりました。

私も、「そうそうそんな感じに弾いたら良いんだよ。」と、言ってみたりしています。

ただ、声では出ない高い音があるみたいで、pochiさんのおっしゃる通り口笛感覚なんですね。

子供は口笛も大好きなので、譜読みに試してみます。


いつもありがとうございます。

[53334]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/24 8:25:45]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53293#53326
なつ氏、

>針式チューナーは、音階練習の時に使ってみるのがいいのでしょうか?
----音律、センサーと人の耳の特性の違いから、針が真ん中に来る方が、間違っています。

AUTOの中に「SLOW MEDIUM FAST」の3種類感度調整が付いています。感度をFastにします。
https://d1aeri3ty3izns.cloudfront.net/media/8/83951/1200/preview.jpg
http://cdn.korg.com/jp/support/download/files/1ed6146c83f08f01ce92691960124bfa.pdf

>弓真ん中より元弓に近づく時には、弓の毛を全部(全面)使わず半分外側の毛を使って弾いており、真ん中から先弓に近づくにつれて、弓の毛全部を使って弾いているように見えます。
----普通です。

>先弓の際に内側に捻るようにするなら、弓の毛は内側半分使うような感じになるのでしょうか?
----そうとも限りません。
http://livedoor.blogimg.jp/aloaloyoshi/imgs/0/c/0cdc0d01.jpg
この部分で返す心算で肘から弓を返します。多少は弓が傾きますが基本的には弓の傾きは、Downの時は垂直気味、Upになると寝かせ気味になりますが、ほぼ同じです。

毛の幅が元弓と先弓では違いますよね。同じ毛の量を使うのなら、元弓は寝かせ気味、先弓が立て気味になって然りです。

>色々なフラジオを弾いてみるということでしょうか?
----その通りです。人工フラジオには、針式チューナーは不必要です。人工フラジオで「pp」を鳴らすのは非常に難しいのですよ。「mf」で弾いても「pp」の練習になるところが、ミソなのです。

管理人yc氏の友人、この掲示板にも何度も登場している、藤田将也氏によるものです。
https://youtu.be/rgCkaAayLZ0
「mp〜mf」だから容易に弾けるのであって、「pp」だと彼の技術力ではなかなか難しいでしょう。

>ヴァイオリン、凄いです。歌なんですね。
----音域が広い口笛感覚です。

[53326]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/24 0:15:43]

http://www.fstrings.com/board/index.asp?id=53293


pochiさん、ありがとうございます。

チューナー、早速購入しました。
針式チューナーは、音階練習の時に使ってみるのがいいのでしょうか?
試しに1音弾かせてみましたが、あまりブレない…、そんなはずはないので、使い方が違うはずです。
全弓でゆっくり音階さらうときに使用してみます。



>>>---もっと駒寄りなら良い音で弾けるかも知れません。…

 観察していると、今練習している曲でも指板寄りではなく、駒寄りを弾いているので、見守ろうと思います。


>>>簡単に書くと、肘が内回りになるのが、少し古いヴァイオリンの運弓の基本です。

またまた子供を観察していてですが、弓真ん中より元弓に近づく時には、弓の毛を全部(全面)使わず半分外側の毛を使って弾いており、真ん中から先弓に近づくにつれて、弓の毛全部を使って弾いているように見えます。
先弓の際に内側に捻るようにするなら、弓の毛は内側半分使うような感じになるのでしょうか?



>>>---どんな音でも「芯のあるpやpp音」は難しいのですが、E線開放弦は極限的に難しいのです。解決策は、(人工)フラジオの練習です。

(人工)フラジオとは、小指を軽く弦に触れて鳴らす音ですよね。この練習とは、色々なフラジオを弾いてみるということでしょうか?
(針式チューナーを使って。)


>>>---弓持ち方の強さはその位で普通ですが、弦と弓の接点を常に意識しているのが、ヴァイオリン弾きです。

弦と弓の接点を意識していないので、弓を落としてしまうんですね。


>>>ヴァイオリンの運指の基本は、4321を全部押さえておいて、…

この練習、早速やらせて頂いています。
子供は油断すると、音階を下る時、4の指に他の指が付いていってしまっている時があり、指摘されます。
この練習をする事で、子供も手の形を意識出来るようです。
ありがとうございます。


レッスンにて、ワンフレーズに約20分指導受けました。
急に内容の濃くなったレッスンにおののきながら、必死にメモを取っている母でございます。

ヴァイオリン、凄いです。歌なんですね。

[53319]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/20 14:20:11]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53293#53316
なつ氏、

>たぶん、全弓ゆっくりでは、運弓安定していないです。
---やってみると、すぐに解りますが、チューナーの運弓練習は結構厳しいのですよ。

>KORG クロマチックチューナー オーケストラ向け OT-120
---感度切替が付いていて、定評がありますね。
http://kakaku.com/item/K0000048976

>移動のドとは、移弦するという意味でしょうか?
---その通りです。
例えば、
E線4th position、4指からなら、EDisCisHAGisFisE
A線4th position、4指からなら、AGisFisEDCisHA
以下同様です。

>これ以上弓圧をかけると音が悪くなっちゃうから、今が良い音が出る限界ね。これ以上やらないように。
---もっと駒寄りなら良い音で弾けるかも知れません。ラロのスペイン交響曲では、
「弦が振り切れて指板に当たって仕舞う心算で弾きなさい」
と習います。

>G線は太いので音が出にくく、弓に人差し指で重しをかけるよう当初指導されていました。
---肘で弾く(夫々の弦によって肘の高さが違う)のがヴァイオリンなので、G線では必然的に弦に重みが掛かります。

「弓に人差し指で重しをかける」指導には賛成出来ません。ダウンでは肘が下がっていきますが、先弓では左腕を内側に捻ります。E線よりもG線の方が肘の位置が高いから、容易に捻れますよね。捻りが入ると、弓の返しも楽になります。

Upは逆で、肘が上がっていきますが、弓の重心を過ぎると、肘を下げます。必然的に小指に荷重が掛かります。

簡単に書くと、肘が内回りになるのが、少し古いヴァイオリンの運弓の基本です。
https://youtu.be/KkS0QRg_T2A
私は19歳のジョシダイセイですが、私が子供の頃、理想的な運弓とされていた人です。Tibor Vargaは小さい人でした。古来からの指導法は、DownをA線、UpをD線で弾かせます。必然的に肘が内回りになります。

GalamianはTibor Vargaとは違って、肘の高さを変えない、平行四辺形の心算で弾きます。体が大きな人には、先弓でも腕が余りますから、効率が良いと思います。
https://youtu.be/cvADrn6HU0E
ベル少年と楽器の大きさからは、可哀想な指導です。

>弓の重心、弓圧0で、駒寄りの位置を探ってみると、まだまだ良い音に出会えるのでしょうか?
---即効性があります。

>芯のあるpやpp音を出すように指導されています
---どんな音でも「芯のあるpやpp音」は難しいのですが、E線開放弦は極限的に難しいのです。解決策は、(人工)フラジオの練習です。

>何かの拍子に弦上から弓先が外れてしまうと、弓を床に落としてしまいます。
---弓持ち方の強さはその位で普通ですが、弦と弓の接点を常に意識しているのが、ヴァイオリン弾きです。

弓を持つ強さは、縦に弓を持って、上からヒョイと取り上げたら、取り上げられる位、が丁度良いのです。硬く持っても良い音は鳴りません。

弓を縦に持たせておいて、弓先をヒョイと触って倒すと、弓が手から落ちそうになります。これを垂直に回復出来るのが、弓のコントロールになります。

弓を横に持っておいて、小指でバランスを取る指導法もありますが、私は賛成出来ません。弓を強く持ち過ぎる傾向が出て来て仕舞います。

//////////

ヴァイオリンの運指の基本は、4321を全部押さえておいて、

4は、そのまま
3は、4を離す
2は、43を離す
1は、432を離す
0は、4321を離す

これが出来ると、指板上の指の空中待機が出来る様になり、速い運指が可能になります。ヴィブラートを掛ける時には、下の指を離しますが、下の指も指板上の待機は出来ていて当然ですし、4のヴィブラートでは3を同時に押さえて、アシストにする事があります。

[53316]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/20 9:43:58]

http://www.fstrings.com/board/index.asp?id=53293


おはようございます。
pochiさん、ありがとうございます!

>>(3rd)A線1指D
この様に書くと、間違えません。

はい。頑張ります。(今までドイツ式しか知らなかったのですが、勉強になるので頑張ります。)


>>http://achapi2718.blogspot.jp/2014/03/korg-at-12-auto-chromatic-tuner.html

この針式チューナーは廃盤になったのでしょうか?

SEIKOのはどうかな?と、思っていましたが、


KORG クロマチックチューナー オーケストラ向け OT-120

というものにしてみます。


>>「必ずしも針が真ん中に来る必要は全く無い」
「針が動かない様に運弓出来る様にするのが大切」
です。

なるほど。針を真ん中にするのかと思っていました。
ネットなどで勉強していると良くチューナーの話が出てくるのですが、
私はデジタルメトロノームに付いていると思われるチューナーは持っているのですが、
使い方がイマイチわからず、先生からもチューナーの話は一切出てこなかったので、ほったらかしでした。
針式用意して運弓確認してみます。

たぶん、全弓ゆっくりでは、運弓安定していないです。

******

移動のドとは、移弦するという意味でしょうか?


>>>0が入っているのは1st positionですね。

はい。

>>>下降音形では、ゆっくりで練習すると、432を離して行った時(1の指の時)に、…

これは理解できました。練習してみます。



>>>楽器の限界を超えるから、です。

凄い世界ですね。

レベルが違う話で恐縮ですが、子供が最近G線を弾くとき、先生から

「これ以上弓圧をかけると音が悪くなっちゃうから、今が良い音が出る限界ね。これ以上やらないように。」

と、言われました。

G線は太いので音が出にくく、弓に人差し指で重しをかけるよう当初指導されていました。

やりすぎてはいけないけれど、

pochiさんのおっしゃるように、弓の重心、弓圧0で、駒寄りの位置を探ってみると、まだまだ良い音に出会えるのでしょうか?


>>>Eの開放弦は、安定した「pp」が非常に難しいのです。…

pやppは難しいです。子供はpやppが出てくると音自体をふにゃっと弱くしてしまいます。
先生からも、芯のあるpやpp音を出すように指導されています。
すると音が大きくなってしまいがちです。


あと、弓の脱力についてですが、子供は特にE線を弾いている時に、何かの拍子に弦上から弓先が外れてしまうと、弓を床に落としてしまいます。

床といっても、厚めの絨毯を弾いているので、大事には至らず。

でも、今はまだ1/2の楽器なので、ビックリで済まされますが、この先済まされない状況になるので、悪い癖は治したいです。

このようなことは前はなかったのですが、ここ半年ぐらい数回あります。

これは、持ち方が悪いのでしょうか?

[53315]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/20 2:20:53]

なつ氏、
http://fstrings.com/board/index.asp?id=53293#53314
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
掲示板にバグがあり、これを貼ると、他のURLが貼れる様になります。

///////

>A線レ(3rd)からのラ(4th)の4の指、
>A線ソ(3rd)からの♯ド(2nd)1の指、
>A線ラ(4th)からのレ(3rd)1の指
----意味が解らなくはないのですが、出来ればドイツ語音名で統一して下さい。

(3rd)A線1指D
この様に書くと、間違えません。

///////

>デジタルではなく針式のチューナーを用意したほうが良いのですね。
---感度の良い針式が運弓練習には有効です。

壊れてしまったけど、私が使っていたのは、
http://achapi2718.blogspot.jp/2014/03/korg-at-12-auto-chromatic-tuner.html
これです。高感度です。

この前は、オシロスコープを使って、活用出来ないかどうか、研究していました。命題は、
「良い音とは何ぞや」
でしたが、無意味でした。

間違えてはならないのは、音程の確認の為に使うのではないので、
「必ずしも針が真ん中に来る必要は全く無い」
「針が動かない様に運弓出来る様にするのが大切」
です。

///////

運指で、
43214321
32143210
21432143
14321432
は、移動のドで、
ドシラソファミレド/ラソファミレドシラ
ですよ。面倒なので、ドイツ語音名は書きません。
これを行っておくと、夫々のポジションでの手の形が整います。

0が入っているのは1st positionですね。
3rd, 4thなら、
32143214
です。私の間違いです。

下降音形では、ゆっくりで練習すると、432を離して行った時(1の指の時)に、下の弦の432も同時に押さえます。

速度が上がってくると、21と下がった時に、下の弦の2はどうしても遅れ気味になりますが、下の弦の43を同時に押さえます。2も出来るだけ同時に押さえます。

///////

>駒寄りを弾いた方が音が良いということでしょうか?
---出来るだけ駒寄りを、音を潰さず、掠れずに弾く、のが、ヴァイオリン弾きの習性です。この掲示板では、プロ奏者の、あい氏が「駒寄りを追い込んで弾き過ぎるのはイケナイ」と自らの戒めを書いていました。楽器の限界を超えるから、です。

ヴァイオリン属弦楽器では、駒寄りを弾くと、少ない弓で弾けるので長い音が出せます。また、弓圧を多く掛けても音が潰れませんから、音量が出せます。

駒寄りを弾けない悪例が鈴木鎮一です。ヴァイオリンの音色に対するイメージが持てなかった例にもなっています。

ヴァイオリンは、理想的な運弓(弓速)のmfの場所が、弦によって少し違います。E線の方が駒寄りで、G線との違いが5mm程度あります。剰りにも大き過ぎると弾きにくいので、G線は張力が低く、E線は張力が高くなっています。
http://www.sasakivn.com/werkstatt/report/saitenschpan.htm

確かめる方法もあります。弓の重心、弓圧ゼロ(弓の重みで弓圧がある)で、最も美しいmfを鳴らすのが、ヴァイオリンの運弓の基礎です。鳴らしてみると、夫々の弦で、どの場所が良いのか、実感出来ます。弓の重心5cm幅位で弾いてみると良いでしょう。

///////

>E線を響かせるのは難しいのですね。
---Eの開放弦は、安定した「pp」が非常に難しいのです。当該子供は「mf」でも弾けていません。弾けているかどうか可視化するには、高感度針式チューナーを使えば針がブレますから一発で解ります。

[53314]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/19 23:29:15]

pochiさん、ありがとうございます。


子供を観察していると、

A線レ(3rd)からのラ(4th)の4の指、
A線ソ(3rd)からの♯ド(2nd)1の指、
A線ラ(4th)からのレ(3rd)1の指

で私が何となくもやっとした音に聞こえるので、響いていないのだと思います。

>>3rd 4thどちらとも、運指で練習します。

この運指練習、是非やってみます。


チューナーは今だ使ったことがないのですが、デジタルではなく針式のチューナーを用意したほうが良いのですね。


駒寄りを弾いた方が音が良いということでしょうか?
子供は駒寄りになってしまうことが多いので、弓は真ん中と私が注意していました。
余りに駒寄りになるといけないのでしょうけれど、少し駒寄りならその方が良いのでしょうか?

E線を響かせるのは難しいのですね。

[53311]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/18 10:12:39]

なつ氏、

3rd positionはダブルコンタクトと言います。
https://バイオリン上達.com/img/third2.jpg
4th positionになると手首の角度が変わるだけ、で4thの方が自然な手首の角度です。

1の指を外す、というのは、positionが解っていないという事なので有り得ません。4の指が大切なのです。

4thでは、4の指が開放弦のオクターブ上に来るので狂いません。
3rdでは、4の指がA線G、E線Dで狂いません。A線FisはE線と共鳴(特有の音色がある)ので、狂いません。タイスの瞑想曲の冒頭ですね。

3rd 4thどちらとも、運指で練習します。
E線、4からならD、Eですね。
43214321
32143210
21432143
14321432
下降音形を行っておくと、上昇音形は楽になります。

////

その前に安定した(全弓)運弓があります。針式のチューナーが使えるので活用して下さい。運弓でミスると針がぶれます。←安定した音程が出せないから、音階練習が無意味になる。

幼少期から習った人だけが習得出来るみたいな、
https://youtu.be/ALsrZ9iL9O8
出来るだけ駒寄りを弾く、を稚拙ながら行おうとしています。この人、結構上手い人でしょうけど、聴いて解る通り、E線は弾けていません。

大人に弾かせると馬鹿らしくて弾けないでしょうから、
http://fstrings.com/board/index.asp?id=49970#53138

[53310]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/18 0:39:06]

pochiさん、ありがとうございます!

音律が4つでしたか。

弾けない親がどうやっても教えられない領域ですので、私は知識として持ち、あとは先生と子供に任せます。
子供が聴きわけられるようになると信じて…。


>>長調なら、音の間隔が「全全半全全全半」になって…

これ、凄くわかりやすかったです。ありがとうございます!

手の形とポジションと長調か短調なのか。
手で覚えていくしかないんですね。

子供は3thから4th、そして3thに戻る所の手の形がまだまだ安定していなく、音程が不安定です。


<<---響きを追い掛けるだけだから、

本日の練習で、響きを聴いて〜!と、連発させて頂きました。

実際、私には響いてるのかどうかわからないのですが、

子供は開放弦と合わせたりしている中、
「よし、これだ!」
と。
響き、少しでも聞こえているといいなあ。


>>---3rd position迄は既に作ってあります。

はい。ありがとうございます。
でもやっぱり頭の中がぐちゃぐちゃになるので、絵に描いてまとめてみようかと思います。
(咄嗟に3の指を中指だと思ってしまうぐらいの素人なので。)

  

電子機器がダメな理由。納得しました。


私も響きが聞こえるようになれたらいいのですが。


まさかこの歳で、音楽を学ぶことになるなんて思っていませんでした。

それでも、子供がヴァイオリンを始めた頃に比べると、耳が少し聞こえるようになってきたのではないかと思っています。

この先も進化してくれたならなあと思います(私の耳が)。

[53309]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/17 10:01:27]

>3つの音律を使い分けているなんて…。
---4つですよ。
@基本的には旋律はピタゴラス音律で弾くが、
A更に強調したピタゴラス音律で弾く事が多い。
(ピタゴラス律よりも半音を更に狭く取る)
B和音を付ける時には純正律を使う
Cポピュラー等では調弦を狭めに取って平均律っぽく弾く
C'辻褄が合わない時に平均律っぽく弾いて誤魔化す

>どの指で主音なのかで手の形が決まり…、
---長調なら、音の間隔が「全全半全全全半」になっていますよね。
開放弦から始まると、23の間が狭くなります。
1の指から始まると、34の間が狭くなります。
2の指から始まると、41の間が狭くなります。
3の指から始まると、12の間が狭くなります。
4の指から始まると、開放弦に準じます。下降音形で多く使います。

ヴァイオリンの楽典は、五度調弦だから簡単ですよ。
♯がひとつ増えると主音が1つ上の弦、
(C)GDAEHFisCis・・・になります。
♭が1つ増えると、主音が1つ下の弦、
(C)FBEsAsDesGes・・・
短調は主音を短三度下げるだけ。

♯の付き方も五度で付いていきます。
FisCisGisDisAisEis・・・
♭の付き方も五度です。
BEsAsDesGesCes・・・

自然短音階なら、
Aの開放弦から弾くと、2の指の位置が変わるだけ、ですね。
1の指からだと3の指、
2の指からだと4の指、
3の指からだと1の指、
がそれぞれ変わってきます。

ヴァイオリンの特性は「移動のド」で、
ドレミファ/ソラシド
ラシドレ/ミファソラ
この様になっています。

>緻密に音を探っていく作業…、出来るのかな?
---響きを追い掛けるだけだから、ヴァイオリン弾きにとっては当たり前の事で、難しくありません。

>どのポジションでの音が、どこと共鳴するのか?紙に書き出し整理してみます。
---3rd position迄は既に作ってあります。
http://fstrings.com/board/index.asp?id=51303#51329
3rd position以上は、[53298]に書きました。

2nd positionはハーフポジションとも言われて、少し難しいのですが、
・3の指が上の弦、
・2の指が下の弦、
この様に覚えると、まずまず弾けます。
音名と同時に覚えないとグチャグチャになるので、注意が必要ですが、それぞれの音には固有の響きがあるので、音を間違えないのです。だから「それぞれの音には固有の響き」が無い、電子楽器だと、上手くなる可能性が否定されます。

音大入試は必ず、2の指のH or Bの音階を弾かされる、と決まっています。若干難しいから、ですね。

[53308]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/17 9:00:29]

pochiさん、ありがとうございます!

日本語版、凄くわかりやすいです。英語が得意ではないので…。

ヴァイオリンは全部ピタゴラス旋律で弾くものだと思っていました。

3つの音律を使い分けているなんて…。

この動画、驚愕しました。ヴァイオリンって…。

プロになられる方は、音を使い分けられて当たり前なんですね。

緻密に音を探っていく作業…、出来るのかな?(先生はだんだんわかってくるからと言っておられましたが…。)

この方、たくさん動画を出されているので勉強したいと思います。


>どの指で主音なのかで手の形が決まり…、

どういう意味なのでしょうか?


どのポジションでの音が、どこと共鳴するのか?紙に書き出し整理してみます。(頭の中ではごちゃごちゃになるので。)

[53304]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/16 23:57:27]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53293#53303

なつ氏、

日本語版もありますよ。
https://youtu.be/C1GFQGF9kAg

>開放弦主音、子供が響きをどこまで捉えているのか?
---開放弦主音だけではなく、どの指で主音かで、手の形が変わります。

C-durで教えるのは奇異に感じます。

[53303]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/16 23:38:46]

pochiさん、再びありがとうございます。


本日の練習より、私のピアノでの音程確認を自粛いたしました。


子供にさっそく音の響きについて話をしました。


家での調弦も、ピアノと開放弦を合わせておりましたので、先生がやって下さる方法(ラを合わせてから、2弦ずつ弾く方法。)をまだ教わっていませんが、やってみました。


開放弦と合わせる音程の取り方、教えて下さった動画を見まして、理解できました。

共鳴ってこういうことなのですね。ヴァイオリン、奥深いです。


子供が、特にG線を弾いているとき、もの凄くヴァイオリン自体が振動していることに最近気がつき、驚いたレベルの私でございます。


子供は7歳から始めましたが(泣き喚くほど小さい頃からやりたかったのですが、私が決断出来ませんでした。)、何もかも遅いですね💧。


ポジションの話もありがとうございます。

先生からもノートに書いていただいて、私がポジションの概念と開放弦との合わせ方を勉強中です。


1つ1つ照らし合わせて確認していきたいと思います!



開放弦主音、子供が響きをどこまで捉えているのか?


私はすっかりピアノでの邪道教授法に落ち着いてしまっていました。

ヴァイオリンを始めた頃に戻り、新たなスタートに立った気持ちです。
そして果てしない道が続く…ような気がしております。





[53298]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/16 17:38:44]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53293#53295
なつ氏、

>音階練習やセブシック、カイザーなど、私が音程を確認したいがため、一緒に弾いたりしていましたが、これも良くないことなのでしょうか?
---ヴァイオリン弾きにとっては、大いなる迷惑です。

>ピアノで確認はさほど必要ないのかもしれません。
---ピアノでの確認は、伴奏がある時に、長い音で、正確に同音を弾ける様にする為に行います。

>レとオクターブ下の開放弦レを同時に弾いて、レの音程を取りました。
---5歳迄、2年目で習得すべき事ですよ。

>この2音を同時に弾き、良い響きを探し音程を取ってから弾き始めます。
---間違っている訳ではないのですが、Bをピタゴラス音律で低く取る事もあり得ます。この時には次のAをA線との共鳴で正確に取るのが前提になります。ピタゴラスのBには独特の音色があり、この曲のエッセンスに成り得るものです。Dに対して短六度で取った高いBは、間抜けに聴こえます。

>ガイド音を入れて左手の形を確認しながら音程確認。
---当たり前でしょう。

3rd positionなら、
1の指はポジションそのもの、EAD線では下の弦と響きますから、間違いません。
4の指が、E線でD、A線でGなのでガイドになります。
2の指もADG線では上の弦と同じ音なので、ガイドになります。
3の指は、A線FisがE線と共鳴します。D線HはA線と若干E線、G線EはE線と強烈に共鳴します。

5th positionは、弦を一つずらしたのと同等なので、開放弦を使うのが制限されるだけで、運指は同じですよね。

4thは、1の指が五度(A線ならE)に来て、4の指が開放弦のオクターブ上になります。

6th positionは3の指が5th、2の指が4th positionと同じになります。

7th positionは、オクターブ上の開放弦が1の指になります。1st position3の指相当が4になります。

後は、7を足せば同じです。電信柱が目がチラチラして読みにくいだけ、です。

4の指を中心として、手の形でしっかり覚えます。

/////////

私はこんな習い方はしていません。開放弦主音で習いました。
https://xn--eckm6ioexbw403a97yg.com/140ontei/3-10firstposition.html

ピアノ鍵盤に翻訳して、而もハ長調で運指を教えるのは、ヴァイオリン教授法では、邪道だと思います。ヴァイオリンは子供はA-durから習います。大人はD-durからを推奨しています。

[53295]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/16 10:04:02]

pochiさん、早速ありがとうございます。

わかりにくい書き方ですみません。私自身もどう書いていいのかわからないくらい知識がありません。

pochiさんの過去の書き込みで勉強させて頂き、同音、完全五度という意味も最近知った次第です。
ピタゴラスや純正律など、読んでも読んでもまだスッと入ってきませんが、理解出来るようにします!


子供はエクレスをやっています。


最初の音はレから始まります。


今までは家の練習で、ピアノでレを弾いて音を合わせていました。

ところがレッスンで、レとオクターブ下の開放弦レを同時に弾いて、レの音程を取りました。


次にレの次は♭シなのですが、この2音を同時に弾き、良い響きを探し音程を取ってから弾き始めます。


またポジション移動する際は必ずガイド音を入れて左手の形を確認しながら音程確認。

開放弦ミなど、音がある場合は、完全に同音(ですよね?)を探す。

弦を押さえる時の音(なんとなくポンと弦が鳴ります。)でも確認出来るとも。


今までの家での練習と全くやり方が変わり、どんな意味があるのだろう?と勉強を始めました(私が)。


おっしゃる通り、ビブラートの前哨戦なのかもしれません。

ビブラートのかけ方は1年半ぐらい前に教わりました(指の動かし方の基本部分)。
ところが、それっきりビブラートの話は全く出なくなり、家では指の練習はしていましたが、曲ではかけていませんでした(先生が何も言わないので。)。


最近、二分音符などで子供が勝手にビブラートをかけるようになりました。
勝手かけていいのかな?と思いましたが、
良いビブラートの時は「先生が良い音ね。」と褒めて下さりますが、特に何も言われない(ここでかけなさいとか。)ので、子供任せです。


残響音とか響き(弾いた後に鳴っている音?)を先生と子供は聴きながらレッスンしているようですが、私には???です。

ビブラートはこの残響音を増幅させるのでしょうか?


私はヴァイオリンが弾けないものですから、ピアノで弾きながら教えていたのですが、ピアノの出番がなくなってきました。


音階練習やセブシック、カイザーなど、私が音程を確認したいがため、一緒に弾いたりしていましたが、これも良くないことなのでしょうか?

重音はピアノではわからないので、音を聴いて、違うとかちょっと違うとか言っていました(なんとなくもやっと聞こえると注意してました。)。


確かに子供は私の耳でわかるほどには音程を外すこともなくなり、外れると自ら直して弾き直しているので、ピアノで確認はさほど必要ないのかもしれません。


御教授のほどよろしくお願いします。






[53294]

Re: 音程練習について。

[演奏技術]
 pochi [18/04/16 8:34:01]

[53293]なつ氏、

>音階練習はピアノに合わせて、曲はもうちょっと高く、低くというような感じでした。
----あり得ない指導法だと思います。特に重恩では絶対に行っては行けません。楽器の響きで正しい音程を教えるべきです。

与えられた音に対して同音を弾ける様にする、という観点で、ピアノを使う事は多い(与えられた音がある楽器ならどんな楽器でもよい)のですが、音階では使いません。

なつ氏の質問は、読んでも意味が良く分からないのですが、ピッタリの音程には特殊な響きがあるから、それを体現する練習をしなさい、い言う意味ではないかな?と思います。

ヴァイオリンの音程の取り方はこちらにあります。
http://fstrings.com/board/index.asp?id=51303#51329
ポジション移動しても理屈は同じです。

=============

ヴァイオリンは五度調弦の旋律楽器ですから、
@同音
A完全五度
Bオクターブ
C完全四度
難易度順に、これだけ正確であれば、それほど狂って聴こえません。

「完全五度」−「完全四度」=「長二度」
「長二度」が2つで「長三度」
「完全五度」−「長三度」=「短三度」
「完全四度」−「長三度」=「短二度」

「移動のド」で考えると、
「ドレミファ」「ソラシド」が組になっています。
以上がピタゴラス音律の前提です。

///

さらに、和音で取る音程(純正律)があって、
DE長短三度
FG短長六度
HI短長七度
HIの難易度は高くなっています。
実は、
H'I'長短二度も和音で取る事が可能です。

=============

シツコク書いたのには、鉄壁の裏打ちがあります。
https://youtu.be/buZOs-czOUg
例示が甘いと思います。
https://youtu.be/QaYOwIIvgHg
開放弦とそのオクターブは響きが強いので寄せます。
https://youtu.be/u1FInAUOhP0
私はもっと極端に弾きます。
https://youtu.be/ylSwwirV59A
オクターブ伸張を勘案しておらず、低めです。

大概の原則的な事はこちらにあります。
https://www.amazon.co.jp/dp/4883952681

音楽学部のトップクァルテットは、私に丸投げ状態だったので、こんな事を行っていました。
https://youtu.be/Q7yMAAGeAS4

リズムの練習は、メトロノームを使って、
J全部細かく刻む、
Kどこでもマルカートで弾く、

=============

正確な音程にヴィブラートを掛けると、響きが増幅されます。なつ氏の御息女/御子息に対する先生の指導は、ヴィブラートの前哨戦かも知れません。

機能的にヴィブラートの練習をさせるのは、重音で行わせると、指の柔軟性が早く養われ、響きと相まって、上達が早い事が解っているのですが、指への負担が大きいので、一概に良い指導法とは言い切れないものです。

[53293]

音程練習について。

[演奏技術]
 なつ [18/04/16 2:23:10]

以前も掲示板でお世話になりました。(pochiさんありがとうございました!)

習って3年の子供がおります。


今まで音程の指導はピアノに合わせてでした。


音階練習はピアノに合わせて、


曲はもうちょっと高く、低くというような感じでした。


家でもピアノに合わせて練習しておりました。


ところが、レッスンにて急に音程指導にピアノを使わなくなりました。


曲を練習する際に、


始めの1音を1オクターブ下の開放弦とほんの軽く弾き、綺麗に聞こえる音程で合わせる。
次に、2音目の音と一緒にほんの軽く弾き、合わせる(綺麗にハモってるか?)。


同音の開放弦がある場合も軽く一緒に弾き、全く同じ音に合わせる。


細かく細かく音程を自分で確認しながら弾いていく練習法に変わり、これはどんな意味があるのかと知りたくなりました。


子供本人はその練習法に違和感がないようで、
家庭でも自分で、
「本格的だ!」
と喜びながら音程を合わせていっているのですが、

親の私がよくわかっていません。何となくしかわからず、子供に任せてしまっています。


ポジション移動が入ってきたための音程の取り方なのでしょうか?


曲 をざーっと弾かずに、細かく確かめながらさらうように言われています。


素人親の質問で恥ずかしいのですが、よろしくお願いいたします。


この話題に返信する


※HTMLタグは使えません
※スパム対策の為、本文中にURLまたはメールの記載がある場合は投稿を拒否します。ご注意ください。
※スパム追加対策の為、下品なキーワードを含む文章は、全体の文意が芸術性に富むものであっても投稿できない場合があります。ご注意ください。

【投稿にあたって注意して頂きたい点】
  • 同じ趣旨でも、できる限り多くの人に受け入れられる表現を心掛け、社会的節度をもった書き込みをお願いします。掲示板が荒れたり、少なからぬ閲覧者が不愉快になる恐れのある記事は削除します。
  • 特定対象(掲示板利用者および運営者を含む個人・法人・商品など)に対し、それを貶めたり攻撃する意図が疑われる投稿、貶めたり攻撃する結果となる投稿、主観・想像・感情などに依拠する客観的根拠の希薄な批判、その他十分な敬意・配慮に欠ける投稿は削除対象です。
  • 特に名指しでの批判的内容の投稿については、それが公益目的が主である場合かつ他にどうしても適当な手段や表現が考えられない場合を除き、削除します。例:特定対象を『能力が○○だから/考え方が○○だから、ヴァイオリンを弾いてはいけない/教えてはいけない』等は評論目的・公益目的とは見做しません。
  • 上記と評論の区別は難しく、批判的内容でも削除されない場合もありますが、公序良俗・評論対象の立場・投稿者責任に照らして問題がないか、投稿前に自問しましょう。
  • 場が荒れない程度に、適度に空気を読んで和を保つよう、お互いがコミュニケーションに努めてください。
  • 気に入らない記事には、内容に対する意見でなければ、スルーしてください。また、他者の反応のないまま10件以上の投稿が続いた場合、削除される場合があります。
  • 個人のプライバシーに関する話題、荒らしと見做された行為(文章外の記号、罵詈雑言、場の趣旨に無関係な投稿など)、自作自演と見做された行為、および匿名プロキシ・サーバ経由の投稿は無条件で削除される場合があります。
  • 以上に照らし、管理人の判断において不適当と思われる記事、またはスレッド全体を削除する場合があります。
  • 当掲示板をご利用の場合は管理人の削除判断に合意して頂くこととし、削除判断についての掲示板上での議論(削除対象になります)はお控えください。
  • 削除されない記事・スレッドについても、管理人が気付いていない場合や判断が困難な場合があります。特定記事・スレッドに問題をお感じになった場合は、お手数ですが管理人にお知らせください
  • 投稿に際しては以上の全項目にご同意頂けたものとみなします。以上に関する不明点や疑問点は管理人にお問い合わせください

お名前(ハンドル可):
  記事削除キー: (半角英数8文字以内)

記事タイトル:

記事本文:

記事区分:

フォント色:


Cookie: 記録 消去   (名前、パスワード、フォント色)

Copyright © 1995-1998, 2001-2018 violin@web all rights reserved.