ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

ヴァイオリン掲示板 - 最近のレス一覧

最近のレス一覧

[スレッド一覧に戻る]

最近のレス一覧

[54178] Re: 新作CHACONNE という楽器について [雑談・その他]
 cello爺 [2021/01/14 21:22:23]

pochi さん

値踏みのご説明有難うございます。

成程、そういう視点から、価値を判断されたのかと
納得いたしました。 

具体的な比較対象を示しておられるので、
informative と思います。







[54177] Re: 新作CHACONNE という楽器について [雑談・その他]
 pochi [2021/01/14 20:29:22]

[54176]cello爺氏、

板が薄めなので、陸軍幼年学校卒19歳のジョシダイセイである私が弾くと30年は持たないと思います。10年持つかどうか、、、。

30万円なら中国工房製(分業製作)最高級品が買えますから、20万円程度かと。

[54176] Re: 新作CHACONNE という楽器について [雑談・その他]
 cello爺 [2021/01/14 17:01:14]

pochiさん

>中国量産品なので・・・

興味深いご指摘ですが、何か背景をご存知でしょうか?

私は、年数だけ長いアマのチェロ奏きですが、展示会の度に
試奏させていただき、多くの個体を試す機会ありました。
共通して、ふわりとした包み込むような低音が出てくるので、
どちらかといえば、好感のほうが強いです。

そのような特徴の楽器は、室内楽に向いているだろうと思うのですが、
実感として、なかなか巡り合う機会は少ないです。

ただ、価格はかなり高めの設定というJWS1966さんのご意見には
賛成で、1/4位の値段なら、購入の選択肢にいれても
いいのかなというくらいの感じです(何かの拍子で、資金が
降ってきた場合)。

[54175] Re: 新作CHACONNE という楽器について [雑談・その他]
 pochi [2021/01/13 2:57:12]

>200万円は高すぎる気も....?
中国量産品なので20万円なら適正価格だと思います。

[54173] Re: 銘器にはドミナントやエヴァピラティ? [雑談・その他]
 E43 [2021/01/12 21:39:39]

銘器にはガット弦で決まりや!
あのハイフェッツが愛用していたトリコロール・ガット、それを現在、完璧に再現している米国Gamut社のトリコロール・ガットを銘器に張ると、ナイロン弦では出せない本当に素晴らしい音が出せる。耐久性や安定性も優れていて、ここ日本でも半年以上使えるので、超お薦めや!

[54172] Re: 銘器にはドミナントやエヴァピラティ? [雑談・その他]
 pochi [2021/01/12 15:54:18]

[54170]牛氏、

例えば、
「同じ張力・調弦でも、金属芯弦とガット芯弦なら物質の固有振動数が異なるから音色が違って当たり前」
という意味です。

振動した時「音色」=「倍音列」が異なって来ます。

[54170] Re: 銘器にはドミナントやエヴァピラティ? [雑談・その他]
  [2021/01/12 13:53:25]

Pochiさま

「物質には固有振動数が有るので芯材に依って音質が変化するのは当然です。」とありますが、その意味がよくわかりません。物理学専行のジョシダイセーに理解できるようにご説明いただけないでしょうか。

[54169] Re: 銘器にはドミナントやエヴァピラティ? [雑談・その他]
 pochi [2021/01/07 15:41:57]

弦(絃)には弓の毛を当てた時に「初期的伸び」が有ります。

一般に「伸び」の大きさは、
「ガット」>「人工素材」>「金属」
芯弦(絃)に成って居ます。

速いパッセージを弾くのにはこの「伸び」が小さい方が弾き易いのは自明です。しかし「伸び」を上手に「跳ね返り」使って弾くと「伸び」が大きくても寧ろ「ハッキリした発音」に成ります。「アルテュール・グリュミオー」の弾き方がその代表です。

物質には固有振動数が有るので芯材に依って音質が変化するのは当然です。

「ドミナントやエヴァピラティ」は「伸び」が比較的小さく発音が俊敏で大音量、温度や湿度に音程が左右されない特徴が有ります。「エヴァピラティ」は「伸び」が「ドミナント」依も若干大きいのですが張力が高いが為「伸び」を感じにくい、同じ弾き方なら「音量が大きい」のです。

人工素材弦でも「伸び」が小さい弦(絃)も有ります。
【Corelli Alliance Vivace】
https://i-love-strings.com/?pid=13724191
「伸び」が小さいので「弦の自由振動」に任せないと「シャリシャリ」した音に成り勝ちですが上手く弾けば大音量で発音が俊敏、耐久性にも優れています。釣糸の素材である「呉羽工業」の「フロロカーボン」芯材です。

「残響」に関しては「伸び」が大きいと楽器の「胴鳴」、「伸び」が小さいと「弦自体」に成ります。「金属弦」が最も弦(絃)自体の残響が大きく成って居ます。

弦(絃)が傷んで来ると残響は小さく成って行きます。

ヴァイオリンは音が高いので金属弦(絃)は耳障りなのであまり好まれませんが、チェロでは音が低いので金属弦(絃)が主流です。

ヴァイオリンでも金属芯材を細く数を多くして柔らかくした弦(絃)も有ります。
【Helicore】
https://i-love-strings.com/?pid=13724003
ヴィオラでは愛用者が多いのですが、ヴァイオリンでは「音が単調」なのであまり好まれません。

[54168] Re: ギトリス追悼 [雑談・その他]
 pochi [2021/01/07 13:30:58]

「ギトリスの死」は「時代の終焉」、「追悼演奏」出来る人は居ないだろう、と思います。

「ハイフェッツ」の「(劣化)モノマネ」は各町や各大学に1人、少なくとも100万人は居ますが「ギトリス」には居ません。

かけがえの無いヴァイオリニストを失った、と思っています。

[54167] Re: ギトリス追悼 [雑談・その他]
 ほいて [2020/12/30 11:07:03]

私自身はヴァイオリンは弾きませんが、高校生の頃だったかにピアノの師匠が「アゴーギクが素晴らしい」と言って『魔弓伝説』というCDを貸してくれたのがギトリスを知った最初でした。(当時ピアノでルーマニア民俗舞曲を練習していました。)

私のイメージにあったヴァイオリンとはまったく違っていて、度肝を抜かれたのを覚えています。
正直、よいのか悪いのか、よく分からない…と思いながら聴いていました。

そのあと、大学に入ってからだったと思いますが、友人が「魔弓伝説はちょっとゲテモノだから」と言って貸してくれたThe Art of Gitlisを聴いてから、大好きなヴァイオリニストの一人になりました。自伝『魂と弦』も素晴らしく、心を揺さぶられました。

生演奏を聴く機会に恵まれなかったのが残念です。
御冥福をお祈りいたします。

Copyright © 1995-1998, 2001-2021 violin@web all rights reserved.