ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー


ヴァイオリン・ウェブ掲示板
最近の記事一覧

[スレッド一覧に戻る]

スレッド記事一覧

[53032] Re: 参考にさせていただいております。勉強になります。 [雑談・その他]
 修験者 <52981> [17/09/24 19:48:13]

根津先生の解説とpochiさんの解説を参考にしながら練習したところ、徐々に効果が出てきております。ボウイングの柔軟性と安定感が増してきたように思います。
根津先生の「親指を革巻きに直角にあてる」というアドヴァイスは、自分にとっては特に有効でした。

[53031] Re: この曲のタイトルを教えてください [雑談・その他]
 NNOL <53001> [17/09/20 21:40:36]

これににてるさん、ありがとうございます。その曲でした。

[53030] Re: この曲のタイトルを教えてください [雑談・その他]
 これににてる <53030> [17/09/20 4:47:12]

https://youtu.be/L62RHJfMMCI?t=109

[53029] この曲のタイトルを教えてください [雑談・その他]
 NNOL <53001> [17/09/20 1:20:19]

すみません、ベートーベンかモザールかと思うのですがピアノとヴァイオリンのための曲だと思いますが次の旋律の曲のタイトルが分かったらどなたか教えてください。

B-flat Majour
4/4|れーみ(tr)ー|ふぁーふぁそらしど|れどしらそふぁみれ|みファソふぁー |し・しーらそふぁみ|ど・どーしらそふぁ

ここまでしか覚えていません。

[53028] Re: 教えて下さい!よろしくお願いします。 [楽曲・楽譜]
 pochi <52050> [17/09/13 4:14:20]

■副作用の無い秘密の上達法■

鬱血しない程度に、両足の小指に糸を巻いて弾きます。

「おまじない」だと思って試して下さい。

タコ糸や輪ゴムでも良いのですが「赤い糸」が良いと思います。

音が安定する様な気がします。気がするだけ、かも知れません。

[53027] Re: 教えて下さい!よろしくお願いします。 [楽曲・楽譜]
 なつ <52988> [17/09/12 11:29:56]

pochiさん、ありがとうございます。

朝起きて見てみたら、何故かpochiさんの投稿が消えていましたが、昨日全て読ませて頂きました。

海野義雄さん、私は存じ上げませんでしたが、昔、そのような事件があったのですね。YouTubeで少し動画があり見てみました。

pochiさんのお話は真実だと思います。

私はクラシック業界に無縁で生きてきましたが、あまり詳しく書けませんが、実はある時から色んなお話を耳にするようになりました。

私の知識など全て受け売りですが、pochiさんのお話と符合する点が多く、改めて納得することばかりです。

純粋に音楽への愛と才能だけでは渡れない世界、疑問、怒り?ショックなどが素人ながらわいてきます。

色々書きたいけれど(受け売りですが)、私は書けません(素人なので。)。

pochiさんのような方が、本物を、真実を、伝えて下さることが重要なのだと思います。













[53024] Re: 教えて下さい!よろしくお願いします。 [楽曲・楽譜]
 なつ <52988> [17/09/11 11:53:20]

pochiさん、ありがとうございます。大変勉強になります。

3positionという教本は、篠崎さんが書かれた本のようです。正確にはTHIRDPOSITIONでした。鈴木からも教本が出されているのですね。

春は、アンコールピースという楽譜のものです。今は絶版されているようです。本当の春の楽譜が手元にないので比べられないのですが、見開きページなので短くなっているように感じます。嵐の表現の部分がないなど、省略されている気がします。


結局、第6positionまで出て来るみたいで、この曲をやりながら、position移動を徹底すると言われました。

3positionへの移動、3positionの音階(今までは1positionの音階練習でした。)、ハーモニクスの練習をとりあえず言われました。
春は、これらの練習を主にしながら、少しずつ区切って練習していくようです。

クロイツェルですか。まだ、楽譜持っていません。難しいエチュードだと聞いたことあります。

子供はカイザーも用意していますが、とりあえずセブシックを進めていこうということで、まだ入っていません。
(子供は現在やっと毎日1時間練習するようになったところです。先生から本気でやるか決めた?と聞かれますが、毎日4時間練習と言われ、外で遊ぶ時間がないと本人が断っています(笑)。)

クロイツェル、本屋さんで見てきます。


position移動は、何となく音程を探り合わせていくのではなく、確実にパッと合わせるようにと。
子供は弾きながら音を探り、合わせていく癖が最初の頃からあり、1positionでは大分治ったのですが、3positionも探り癖が出て来ると思うのでその戦いです。


pochiさん、小学校入学後にはクロイツェルですか…。凄いです!3歳からとか始められていたのですか?
知り合いに小さい頃から頑張っている方がいるのですが、それでも小学校入学後クロイツェルは凄いと思います。才能の世界ですね!


ありがとうございます。















[53023] Re: 参考にさせていただいております。勉強になります。 [雑談・その他]
 pochi <52050> [17/09/10 17:22:47]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53018#53018
修験者氏、

初心者向きに書いたのでしょうが、ヴァイオリンの運弓の基礎は、アップとダウンで、右手の形が違います。

////////////

私は19歳のジョシダイセイですが、初心者の弟子は取りません。弟子(私より上手いプロ)が連れてくる初心者を指導する事があります。弟子(私より上手いプロ)にとって、指導の参考になるから、でしょう。

まず、生徒の右手中指を弓に見立てて、肩越しに手の形を弓を持つ形を見せます。

私は指が長いので、私の左手中指での持ち方も見せます。他人の指は短いので、左手指では弓の持ち方を示すのは無理です。他人の右手中指なら、弓状に持つ小指が中指骨
http://www.willone-academy.jp/wp/wp-content/uploads/2016/10/%EF%BC%88%E5%88%9D%E6%AD%A9%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BD%9E%EF%BC%8920161012_%E6%89%8B%E3%81%AE%E9%96%A2%E7%AF%80%E3%82%92%E6%A0%BC%E5%A5%BD%E8%89%AF%E3%81%8F%E5%91%BC%E3%81%BC%E3%81%86.jpg
の上になるので、持てます。

弓を立てた状態で、どの様に持っているのか、360度見せます。デュメイみたいな巨人でない限り、殆どの人は肩越しに見せられます。

他人が弓先を詰んで、弓を立てた状態で持つ、持ち方を、まず教えるのが、非常に大切だと思っています。理由は、力が全く要らないから、です。詰んだ弓先を離しても、弓が落ちない程度に持つのが、ヴァイオリンの弓の持ち方です。

横にすると強く持つ傾向があるので、横に持たせる時には、鉛筆を使います。

これなら良いかな?といういう動画は、
http://youtu.be/duOBeTA4djk
私はもう少し浅く持ちます。

////////////

ダウン先弓近くでは、もっと、
http://www.nezu.ms/Graphics09/thumb2.jpg
この状態、即ち親指は曲がります。

先弓で返す時に親指が伸び、もっと、
http://www.nezu.ms/Graphics09/thumb1.jpg

元弓では逆です。

そうでないと、先弓・元弓が直角にになりませんし、綺麗に返せません。

座って体を使わない弾き方を長年していて、髪の毛と共に運弓の基礎が頭から抜けて落ちてしまったのでしょう。

ユダヤ人ヴァイオリニスト達が、何故あの音を出せるのか、もっと観察してから、指導を始めた方が良いでしょう。

////////////

この文章は、自信を持って書いているので、コピーして、送り付けて頂くのは、大いに結構ですよ。

[53022] Re: 楽譜の種類(クロイツェルソナタ) [楽曲・楽譜]
 あじ <53022> [17/09/10 13:47:13]

Pochiさん

どうもありがとうござます。

|Gisで疑問が無かったので研究していません。
 Pochiさんが、そう仰るならGisなんだろうとも思います。

自分が持っているLP/CDでどうなっているか調べたところ(カッコ内は録音年)。
・ティボー(1929): G
・フランチェスカッティ(1949): G
・グルミュオー(1957): G
・オイストラフ(1962): G
・パールマン(1973): Gis
・シェリング(1979): Gis
・スターン(1983): Gis
・クレーメル(1994): Gis
となり、上記8種では1962以前ではG、1973以降はGisと、年代で異なりそうなことがわかりました。

最近の演奏ではGisした聞いたこと無いという感覚をもっており、なるほどと思いました。

それで、さらにネットで誰もが知っている古い人を中心にGで弾いていそうな人を探したところ、以下の人達がGで弾いていることを確認できました(ざっとですが)。
・クライスラー(1936?)
・ハイフェッツ(1951)
・コーガン(Gisで弾いている動画もあり)

ただ、シゲティー(Pf: アラウ、おそらく1944年録音)はGisで弾いていましたので、年代だけではなさそうです。

それで、もうちょい調べると、Gisで弾いていた演奏として、
・ブッシュ(1941)
・ボスコフスキー(1955)
・フェラス(1958)
とあって、昔でもGisの演奏が結構あるんだと、驚きました。

#東芝EMIのGRシリーズ常連であるクライスラーとブッシュの録音の状態が良くて、もっと驚きました。デジタル技術?

また、コーガンはGとGisがあるのも興味深いです。Gisの動画はカラーなので、Gより新しいかもしれません。URLを張り付けておきます。
・コーガン(Pf: ギレリス、モノクロ、1964)
ttps://www.youtube.com/watch?v=aC7qA9NRBNo#t=3m44s
・コーガン(Pf: コーガン、カラー)
ttps://www.youtube.com/watch?v=gK37sothEdU#t=3m43s

昔はGの楽譜があり、Gで弾く人が多かった(特に日本でレコードを出している人)。そのうち、Gisの方が正しいということになり、今に至っている、ということでしょうか?

Pochiさんのいうところの、
|ベートーヴェンは死んでから190年経過していますから、楽譜には色んな版があります。
 というところなのでしょうか。

あと調べていて面白いと感じたのは、G or Gisの小節(165小節)で最初の2つの四分音符はスラーなのに対し、あとの2つはスタッカート(点線でスラー)になっており、昔の人はスラーが多い印象を持ちました。逆に、オイストラフ以降はスタッカートが多い感じです。

ちなみに、当該小節より少し前の161小節目では、あとの2つの四分音符はスタッカートでスラー表示はないのですが、スラーで弾いている人がいました。

144小節目、Eの四分音符をユニゾンで弾く人・弾かない人など、奥が深いですね。

[53018] 参考にさせていただいております。勉強になります。 [雑談・その他]
 修験者 <52981> [17/09/09 22:12:30]

ttp://www.nezu.ms/violin_12.html
元N響ヴァイオリニストの根津昭義先生によるヴァイオリンや弓の持ち方の解説です。
とてもわかりやすく、参考にさせていただいております。
特に、右手の親指の形、弓の持ち方の解説は、すごく勉強になります。ありがとうございました。

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.