ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

SARASATE, Pablo de[ パブロ・デ・サラサーテ ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[06/08/21]
SARASATE, Pablo de [ パブロ・デ・サラサーテ ]
Spain    B: I844/03/I0  D: I908/09/20

出身校: パリ音楽院
門下名: ALARD, Jean-Delphin
使用楽器: STRADIVARI, Antonio

読者人気度:
総合得点:
47
3742pts
得点内訳:
1247 1248 1247
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

 19世紀スペイン、パンプローナに生まれ、12歳でパリ音楽院に学び、ヴィオッティの流れをくむアラール(1815-1888)に師事。15歳で卒業後、演奏活動を開始した。その甘美な音色と稀代のテクニックはパガニーニの再来と讃えられ、当時の著名の作曲家がこぞって彼のために新作を書いた。それらは ラロのスペイン交響曲、ブルッフの2番の協奏曲とスコットランド幻想曲、 サン=サーンスの1番および3番の協奏曲と序奏とロンド・カプリチオーソなどで ある。

 また、彼自身もヴァイオリンのためにツィゴイネルワイゼン、カルメン幻想曲、 スペイン舞曲集など、数々の作品を作曲した。 これらは現在でもヴァイオリン用の定番のレパートリーとして広く親しまれている。

 当時比肩するものがないと言われた美しい音色は、名器ストラディヴァリとの協調作業によるものだろう。彼はこの名器を2挺所有していたという。1挺はスペインの女王から与えられた1724年製のもの、もう1挺は晩年手に入れた1713年製のものである。

[01/03/05] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼現在、投稿情報はありません。

CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼現在、CD情報はありません。


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.