ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

KREISLER, Fritz[ フリッツ・クライスラー ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[03/10/15]
KREISLER, Fritz [ フリッツ・クライスラー ]
Austria    B: I875/02/02  D: 62/0I/29

出身校: ウィーン音楽院
門下名: MASSART, Joseph Lambert
使用楽器: GUARNERI, Giuseppe ( del Gesu )

読者人気度:
総合得点:
47
3631pts
得点内訳:
1208 1208 1215
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

1875年2月2日ウィーンに生まれる。父は町医で、音楽の教養もあり、幼いフリッツにヴァイオリンの手ほどきをした。1882年ウィーン音楽院に入学、ヘルメスベルガー・ジュニアに師事して、翌年1等賞を得て卒業した。その後、母と共にパリに留学、同音楽院で、ヴァイオリン界の長老マサールのクラスに入り、作曲をドリーブに学ぶ。2年の修行を経て、主席で卒業した。

その後名ピアニスト、ローゼンタールと米国に演奏旅行に赴き、ボストンでメンデルスゾーンの協奏曲を弾き、将来を期待させた。 1899年ベルリンでの演奏によって大成功を収め、名声を確立する。第一次大戦後、1919年秋ニューヨークで催した慈善音楽会は、花束でステージが一杯になるほどの盛況だった。1923年わが東京でも8日にわたるリサイタルを催し、大勢の愛好者が帝国劇場に押しかけた。

1943年米国の市民となり、晩年は時折演奏会を開いて人々を喜ばせていたが、 1962年1月29日、ニューヨークで死亡した。享年86歳だった。

クライスラーと言えばヴァイオリンのための数々の小品を作曲したことが知られている。彼はそれらの作品を長い間編曲であると発表していた。このことから、彼は控えめな人であるだとか、冗談が好きなのだとか言われている。また次のような話もある。クライスラーが無名の頃、世間の注目を集める為に過去の名作曲家の未発表曲として演奏会で取り上げた。しかしある時批評家から「名曲にそぐわぬひどい演奏」と評価された。自分の演奏をけなすだけならまだしも、自分の作曲を尊敬する名作曲家の曲であると本気で信じている批評家に激怒し、自身の作曲であることを手紙にしたためて抗議したがその時は信じてもらえなかったとか。真偽のほどは明らかではない。

さて、彼の演奏について数は多くないが、録音は残されている。しかしながら、どれも20世紀初頭のものなので録音状態は悪い。したがって、音色の細かいニュアンスなどを録音から聴きとることは難しい。言い伝えられている話によれば、彼は甘く上品な音色が身上だったということである。 現代では全くミスをしないことが当たり前のような風潮だが、クライスラーの録音からは、技術的に完全でなくとも良い意味でリラックスした雰囲気が伝わってくる。解釈も現在のスタンダートのようなものとかなり違っていて、自由に弾いている印象を受ける。

[01/02/26] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼みなさんの投稿


若きクライスラー
前田 泉
03/10/15 8:54:58

RCAのリマスタリング盤、自作自演集の1枚目を聴きました。
こりゃびっくり。だって1910-29の弾き盛りですから。
歴史上の大家ですから当然ですが、ヴィルトゥオーソです。
右手・左手すべて言うことなし。
イントネーションも綺麗。アクセントや右手の脱。
どの面でも第一級です。

古い録音ですが、ニュアンスは十分伝わってきますよ。
一番感動して聴いたのは中国の太鼓です。


ウィーン狂詩曲風幻想曲
ぽぴぃ
03/02/06 16:41:10

クライスラーの甘美さやなつかしさは、ウィーン風と表現される
ことも少なくないが、ロゼーをはじめシュナイダーハン、バリリ、
ボスコフスキーといったウィーンの伝統的なヴァイオリニストとは
毛色がかなり違い、やはりクライスラーの天性といった
方が正しいだろう。(ちなみにクライスラーはウィーン・フィルの
入団試験でロゼーに落とされてしまっている)

クライスラーのレコードはかなりの量残っているが、中でも
私が好きなのは1946年に録音した「ウィーン狂詩曲風幻想曲」
である(NAXOS)。これはかなり大規模な作品でクライスラー
音楽の集大成とでも言いたくなる逸品だと思う。

この頃のクライスラーは既に70歳を超えており、序奏はやや
音に張りがないが、次第に調子を上げ、ワルツの部分は往年の
クライスラー節が全開する。


CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼ [RCA] R32C-1085 KREISLER, Fritz
<赤盤復刻/クライスラー愛奏曲集>
読者推薦数[2] 読者非推薦数[0]
▼ [EMI] TOCE-7822 KREISLER, Fritz
<ブラームス&メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲集>
読者推薦数[3] 読者非推薦数[1]


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.