ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

FLESCH, Carl[ カール・フレッシュ ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[02/06/16]
FLESCH, Carl [ カール・フレッシュ ]
Hungary    B: I873/I0/09  D: 44/II/I4

出身校: パリ音楽院
門下名: MARSICK, Martin-Pierre-Joseph

読者人気度:
総合得点:
47
3670pts
得点内訳:
1223 1223 1224
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

 1873年ハンガリーのモションに生まれる。パリ音楽院でマルシックに師事。現在では演奏家としてよりは教育者としてその存在が知られているが、一時は一流の演奏家でもあった。教師としては近代的なメソッドの創始者と言われ、ブカレスト音楽院教授、アムステルダム音楽院教授などを歴任。ジネット・ヌヴー、イダ・ヘンデル、ヘンリク・シェリングなど多くの優秀な演奏家を育てた。

 彼はヴァイオリン奏法に関する多数の著書を残しており、ヴァイオリンのお稽古をしたことのある人なら、何人かにひとりは彼のスケールシステムの譜面を見て頭が痛くなった経験を持つのではないだろうか。また、彼の著した回想録には様々な演奏家に関する興味深い分析が記述されている(ちなみに、ほとんどが技術論的批判である)。

[01/03/05] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼みなさんの投稿


まさに名手の名にふさわしい人
Kazu
02/06/16 23:36:01

初めて投稿させていただきます。
ヴァイオリンでいろいろ検索していたところ、こちらのHPにたどりつきました。

カール・フレッシュという人、どうも「名教師」というイメージが強いですが
(私もしばらく前までそう思っていました)、この人の演奏はまさに名手の
演奏、という感じを持っています。

廃盤同然(?)と思われるCDを例に出して恐縮ですが、
"CARL FLESCH HISTORICAL RECORDINGS 1905-1936"(Symposium SIUM 1032/3/4)
というCDを聴いてみて「なんて美しい音を出すヴァイオリニストなんだろう」
と思いました。
正確な音程、無理のないボウイング、品のある音(ポルタメントも含めて)は
現在ではなかなか聞けないのではないでしょうか。
このCDの中にブラームスのヴァイオリン協奏曲が収められていますが、この
演奏は素晴らしいものです。
(放送音源からのようで、第一楽章は途中から始まっていますし、第三楽章は
中間部がぬけているのですが、この名ヴァイオリニストの演奏は良く判ります。
かなり晩年の演奏のようですが、その割にはしっかり演奏していて、重音も
はっきり鳴っています。)

最近「オーパス蔵」というレーベルからヘンデルとモーツァルトのヴァイオリン・
ソナタが収められたCDが発売されていますが(OPK 2005)、この演奏も美しい出来
だと思います。特にモーツァルトはいいです。

カール・フレッシュ=名教師というだけの方程式をもう一度考え直して欲しくて
書かせていただきました。
録音が少ない、という不利はあるんですけどね。


CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼現在、CD情報はありません。


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.