ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

ELMAN, Mischa[ ミッシャ・エルマン ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[06/08/24]
ELMAN, Mischa [ ミッシャ・エルマン ]
Russia    B: I89I/0I/20  D: 67/04/05

出身校: ペテルブルグ音楽院
門下名: AUER, Leopold

読者人気度:
総合得点:
47
3670pts
得点内訳:
1226 1221 1223
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

1891年、ロシアのタルノエに生まれる。オデッサでフリードマン(FRIEDEMANN, Alexander)に学んでいたが、ある日アウアーがこの学校を訪れた際才能に惚れ込み、ペテルブルグ音楽院への入学を勧めた。1904年にはベルリンデビュー、翌年英国デビューを果たし、ヨーロッパの楽壇に旋風を巻き起こす。1908年にはアメリカに演奏旅行、カーネギー・ホールにも出演した。第一次大戦中からアメリカに定住し、1923年には市民権を得た。

エルマンはその美しい音色に特徴があるとされ、「エルマン・トーン」と呼ばれもてはやされた。当時アウアーの同門下からはジンバリスト、ハイフェッツ、ミルシテインが輩出されており、クライスラーも当時楽壇を席巻していた。こうした中でも高い評価を受け続けた実力者である。彼は生涯演奏活動を続け、その最期も間近に迫った演奏会のための練習中でのことだったという。

[01/03/11] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼現在、投稿情報はありません。

CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼ [MUSIC & ARTS] CD-868 ELMAN, Mischa
<TCHAIKOVSKY & MENDELSSOHN CONCERTOS>
読者推薦数[2] 読者非推薦数[0]


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.