ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

ZUKERMAN, Pinchas[ ピンカス・ズーカーマン ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[06/08/09]
ZUKERMAN, Pinchas [ ピンカス・ズーカーマン ]
Israel    B: 48/07/I6

出身校: ジュリアード音楽院
門下名: GALAMIAN, Ivan

読者人気度:
総合得点:
47
3630pts
得点内訳:
1211 1209 1210
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

1948年7月16日イスラエル生まれ。ジュリアード音楽院で名教師ガラミアンに学んだ。この時期のガラミアンの教え子にはキョンファ、パールマンがいる。18歳でデビュー後は精力的な演奏活動を開始し、たちまち不動の名声を築くに至った。デビュー当時からヴァイオリンだけでなく、ヴィオラも演奏した。最近ではイギリス室内管弦楽団の音楽監督に就任するなど、指揮活動にも情熱を傾けている。

以下はとある日本の音大で公開レッスンをした時の話。生徒にボウイングの注意をすると生徒は「これはブラームスだから私はこう弾きたい」。すると彼は若い頃自分はハイフェッツのファンであったと語り始めた。 「私はどうしてもハイフェッツのように弾きたくて弾き方をそっくりそのまま真似ていたところ、ガラミアン先生に注意され、直すのにとても苦労した」。ここで会場が少し沸いた。そして彼はさらにこう続けた。 「(ガラミアン直伝の)ボウイングの極意とは、とにかく奇麗な音を出すこと、それだけだ。モーツァルトの音、ブラームスの音などで弾き方に差をつけるということはありえない。一番奇麗な音が出るボウイングができれば、あとは譜面通りに弾くだけだ。ハイフェッツの弾き方はハイフェッツにしかできない。私はあなたに一番奇麗な音を出す為のボウイングを教えるので覚えて下さい。」会場にはなるほど、という空気が流れ、 その生徒も納得したようだった。

[01/03/12] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼現在、投稿情報はありません。

CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼ [PHILIPS] PHCP-3565 ZUKERMAN, Pinchas
<サン=サーンス&フランク・ヴァイオリン・ソナタ/ズカーマン>
読者推薦数[0] 読者非推薦数[0]
▼ [CBS] MDK 44653 ZUKERMAN, Pinchas
<MOZART:VIOLIN CONCERTOS No.1,2&3>
読者推薦数[0] 読者非推薦数[0]
▼ [Grammophon] POCG-1558 ZUKERMAN, Pinchas
<ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1・2・3番>
読者推薦数[0] 読者非推薦数[0]
▼ [SONY] SRCR 1527 ZUKERMAN, Pinchas
<チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲他>
読者推薦数[0] 読者非推薦数[0]


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.