ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

CHUNG, Kyung-Wha[ チョン・キョンファ ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[14/12/10]
CHUNG, Kyung-Wha [ チョン・キョンファ ]
South_Korea    B: I948

出身校: ジュリアード音楽院
門下名: GALAMIAN, Ivan
入賞歴: レヴェントリットコンクール優勝
使用楽器: GUARNERI, Giuseppe ( del Gesu )

読者人気度:
総合得点:
47
3685pts
得点内訳:
1227 1229 1229
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

韓国の裕福な家庭に生まれる。他の兄弟も音楽教育を受けており、兄は指揮者のチョン・ミュンフン。キョンファは9歳でメンデルスゾーンの協奏曲をソウル・フィルハーモニー管弦楽団と共演。その後ニューヨークのジュリアード音楽院でガラミアンに学び、19歳でレヴェントリットコンクールの1位をズッカーマンと分け合う。1970年に慈善コンサートでロンドン交響楽団と共演、これが大反響を呼び数々の一流演奏家としての評価を得た。

ロンドン交響楽団とはその後演奏旅行を共にすることがあった。これは演奏旅行中のあるリハーサルでのエピソードである。チャイコフスキーの協奏曲のリハーサルが始まろうとしていた時、キョンファは精神を落ち着けてオーケストラによる導入部を待っていた。静かに導入部が始まる。チャイコフスキーのではなく、メンデルスゾーンのものが。。。彼女は素早く楽器を構え弾き始めた(メンデルスゾーンのソロは1小節半の後すぐ入らねばならない)。彼女はしてやられたことを悔しがったが、楽団とソリスト両者の良好な関係を物語るエピソードである。

キョンファはレコーディング活動も積極的に行い、今世紀ハイフェッツが初の録音を行って以来誰も録音していなかったブルッフのスコットランド幻想曲を取り上げるなど、意欲的な取り組みも行った。今や大家の一人ともいえる存在である。《Exハリソン》ストラドも所有。

[01/03/12] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼みなさんの投稿


キョンファ大好き
クロイツェル1727
10/05/26 10:33:18

キョンファのパッションフルスロットルの演奏が好きです。
う〜ん、言葉ではうまく形容できません。
私も全集ほしい!!!!!!!!!!!!


私は、好きですね
hero
10/04/11 14:56:29

あんまり 人気が、なかったので ついつい
私も、メンデルスゾーンの協奏曲にほれました
なんというか、鬼気勝るというか そんな感じです
音程の悪さ見たいのが、あるそうですが、気になりません
音色 ヴィブラート など いいなーと思います
特にわたしと同い年?? なのが、お気に入りの理由なのかも
協奏曲が、好きなので いろいろの作曲家のものを集めました
最近出た、韓国版の全集 も 思わず 購入 \14,000 でした!
cd dvd 10枚 なので お買い得 でも 持っているのも
もちろん あり でしたが、  小曲 も 良いですね
(コン アモーレ) 生演奏は、気がつくのが、遅く
今のところ いけずじまいです 最近は、ちょっと
衰えたと いう うわさですが、一度は行きたいと


魂のヴァイオリニスト
鶴野一声
07/02/08 23:45:06

この人の演奏会は五回行きました.最初は26年ほど前、チャイコフスキー、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲.チャイコフスキーの情熱的な演奏、凄い技巧あっけにとられて内に終わりました.その後、バッハの無伴奏パルティータNO.2、シャコンヌ付きの演奏.10年ほど間をあけて2回聞きましたが、最初の時は最初よりシャコンヌまで情熱を発散させながら魂の演奏シャコンヌへ.完璧の演奏でした.10年後二回目の演奏、最初にバッハのパルティータの演奏、チョン・キョン・ファしかできない恐ろしいまでのテンションのシャコンヌ.途中で、中腰にになったりして、独自のバッハを振り絞っていました.正に二度と聞かれぬ壮絶な演奏.後半の、ヴィヴァルディの「四季」バックのメンバーと実に気持ちよく丁々発止と見事なアンサンブルで楽しげに弾いていました.何故、彼女がヴィヴァルディの「四季」を取り上げて弾いたのか、分かりました.昨今は古楽形式で演奏されるのが、流行ですが、それに一石を投げ入れた名演、素晴らしい演奏でした.ブラームスの協奏曲も素晴らしい演奏を聞かせますが、これだけ凄いヴァイオリニストは不世出の大天才、正に魂のヴァイオリニストです.


だれも投稿されていなかったので(泣)
nosonoso
06/01/28 19:27:32

彼女のヴァイオリンはとても情熱的で、少々荒削りな観は否めませんが、私は好きです。時にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の第一楽章は良いです。カップリングのチャイコフスキーについては今ひとつ・・・。ブルッフのスコットランド幻想曲も良いですが、こちらはハイフェッツの名盤があるのでコメントは差し控えます。


CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼ [EMI] TOCE-2253 CHUNG, Kyung-Wha
<ベートーヴェン&ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲>
読者推薦数[5] 読者非推薦数[0]


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.