ヴァイオリン専門の総合情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ

トップ 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

ZIMMERMANN, Frank Peter[ フランク・ペーター・ツィンマーマン ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[14/12/10]
ZIMMERMANN, Frank Peter [ フランク・ペーター・ツィンマーマン ]
Germany    B: I965

出身校: フォルクヴァング音楽大学;ベルリン芸術大学
門下名: GRADOV, Valery ; GAWRILOFF, Saschko ; KREBBERS, Herman
入賞歴: ドイツ連邦共和国青少年音楽家コンクール優勝
使用楽器: STRADIVARI, Antonio

読者人気度:
総合得点:
47.8
5650pts
得点内訳:
1879 1889 1882
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

1965年、ドイツのデュイスブルク生まれ。5歳でヴァイオリンを始め、 5年後にデュイスブルクでモーツァルトの協奏曲第3番 K.216 を弾いてデビュー。 1976年から78年までエッセンのフォルクヴァング音楽大学でヴァレリー・グラドフに師事し、青少年音楽家コンクールで第1位を受賞。さらにベルリン芸術大学でサシュコ・ガブリロフに、1980年からはアムステルダムでヘルマン・クレバースに師事した。

以来、世界各地で協奏曲やリサイタルに活躍している。リサイタルでは1994年以来ピアノのアレクサンダー・ロンクィッヒとコンビを組んでおり、古典派、ロマン派、20世紀音楽の解釈は高い評価を得ている。ベルリン・フィル/ハイティンク、サヴァリッシュ、ボストン響、クリーヴランド管/ドホナーニ、ロンドン響/プレヴィン、日本ではN響/サヴァリッシュ,などとの共演を行っている。1703年製ストラド《ドラゴネッティ》をドイツの銀行より貸与されている。

[01/03/12] FSTRINGS

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼みなさんの投稿


バッハ「バイオリンソナタ」の演奏との出会い
土曜日
09/06/03 6:23:07

BS2が先日放映していたのをDVDに焼いて宝物にしました。味わい深い演奏です。ピアノのパーチェもいいです。繰り返し聴くつもりです。


天才です。
tamako
09/02/17 5:17:07

私も上の方に同意です。彼こそ今いるバイオリニストの中でキングでしょう。
テクニックの正確さと、そのテクニックのすごさを忘れさせてしまうほどの音楽性を兼ね備えた天才です。
私もバイオリニストですが、彼のストラドが見たいというと、はい、と渡してくれました。ありえません。手が震えました。笑ってました。
音楽を通していろいろ素敵なものを見てきた人なような気がします。
God save the king!


人間が良い!
ゆきちゃん
05/01/08 22:54:35

すごく地方であった演奏会で、終了後サイン会がありました。私は演奏直後に舞台上のツィマーマンに小さな小さな花束を渡したのですが、サイン会に持って現れた上、私を見分けてお礼を言ってくれたのです!彼の人間性に心打たれました。


カザルス・カルテット
けいちゃん
03/12/04 19:41:40

堀米ゆず子と組んだカザルス・カルテットの頃に知りました。チェロはメネゼス、ビオラは今井信子。交替で1st弾いていましたが(ツィンマーマンが1stの時の方がサマになってるわな)などと思っていました。堀米ゆず子の実家の本家がうちのそばにあります…関係ないか。
しばらくするとコンチェルトのソロ弾いているFM放送など耳にするようになり、(へぇ、うまくなったなぁ。ソロもやるんだ)と思ったりもしました。知らなかっただけかもしれませんが。
輪郭のはっきりした音楽という印象です。


推薦盤をおねがいします
前田 泉
03/11/28 21:02:05

ツィンマーマンはコンクールから出てきたタイプでなく、周囲から押される形でだんだんに大物になったタイプで好感が持てますね。
koizumiさんのご推薦のディスクをお願いします。また近々来日演奏の情報はありませんか。


宣伝に惑わされる日本の聴衆
koizumi
03/11/28 7:11:27

ツィンマーマンこそ現役ヴァイオリニストのトップ、まさにキングです。彼の技術、音楽性、まろやかな音はすべてのレベルを超越しており、耳の肥えた海外のオーケストラミュージシャンから絶大な支持があることを一般の方に知っていただきたいです。彼は玄人の音楽家達の独奏家です。
私は海外に長く居りますが、日本の聴衆はあまりにも宣伝やメディアに惑わされすぎている気がします。あの有名なXXさんの演奏なので素晴らしいはずだと思って聴くのではなく、楽曲を聴きに行って下さい。パトロンの付いてる有名演奏家がガンガン宣伝されて、それに踊らされてコンサートを聴きに行き、有りがたがる現在の日本の音楽シーンは日本人として情けないです…その影でぼろ儲けしている音楽事務所の存在があるわけです。その意味では日本はすべてが芸能界みたいですね。

ツィンマーマンは派手な宣伝はしません。彼は音楽家であってエンターテイナーにはなりたくないからです。


CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼ [EMI] TOCE-4113 ZIMMERMANN, Frank Peter
<パガニーニ カプリース(奇想曲) 作品1>
読者推薦数[1] 読者非推薦数[0]
▼ [EMI] CDC 7 49758 2 ZIMMERMANN, Frank Peter
<TCHAIKOVSKY & PROKOFIEV:VIOLIN CONCERTOS>
読者推薦数[6] 読者非推薦数[2]


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.