ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

KRASNER, Louis[ ルイス・クラスナー ]

移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

プロフィール

Last Update
[06/07/26]
KRASNER, Louis [ ルイス・クラスナー ]
Russia    B: I903/06/2I  D: 95/05/04

出身校: ニュー・イングランド音楽院
門下名: EUGENE, Gruenberg

読者人気度:
総合得点:
47
3637pts
得点内訳:
1213 1211 1213
音色 技術 解釈

※投票結果は当サイト読者による投票操作の結果を示すものであり、当サイト運営者の見解または当該演奏家本来の能力を一切決定付けるものではありません

ウクライナはチェルカスィの生まれ。

5歳の時、両親と共に渡米。

9歳の頃からヴァイオリンを手にしたが、彼の演奏を聴いた見知らぬ人が感銘し、ニュー・イングランド音楽院のユージン・グリュンバーグ教授のクラスへ入れてくれたという。

1920年代から、新しい音楽の大儀を信奉するソリストとして頭角をあらわすようになり、1936年には自ら作曲を依頼したベルクのヴァイオリン協奏曲(1935年作)をバルセロナで初演。1940年にはフィラデルフィアでシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲を初演する。

1944年から1949年まで、ディミトリ・ミトロプロスに懇望されてミネアポリス交響楽団のコンサートマスターに就任。

1949年から1972年まではシラキューズ大学で後進の指導に当たり、それ以後は母校のニュー・イングランド音楽院とタングルウッドで教鞭を執った。

1995年5月4日、ボストンで死去。

ランキング投票

 この演奏家がお好きな方は是非投票して下さい。投票は即時にランキングに反映されます。投票は一人の演奏家につき一日一回まで。 ランキング結果はこちら(TOP10のみ)。

  • 評価を全て選択してボタンを押して下さい
  • 同一日の連続投票は無効となります
  • 連続投票は修正させて頂く場合があります

E-mail:
(非公開です)
音色
技術
解釈

読者投稿

 お気に入りの演奏家のお話を是非投稿して下さい。ごく軽い話題からエピソードや演奏会の感想、なんでも構いません。お気軽にどうぞ!

▼この演奏家の話題を投稿する

▼現在、投稿情報はありません。

CD情報

サイト上に皆様から寄せられたレビュー情報です。

▼ C 204 891 A KRASNER, Louis
<SHONBERG VIOLINKONZERT PROKOFIEFF SYMPHONIE NR.5 DIMITRI MITRPOULOS>
読者推薦数[2] 読者非推薦数[0]


移動: [ 演奏家ライブラリ 演奏家インデックス ]
ジャンプ: [ 先頭 プロフィール ランキング投票 読者投稿 CD情報 ]

Copyright © 1995-1998, 2001-2018 violin@web all rights reserved.