演奏する方へ
このページでは演奏する方へ向けた情報を発信していきます。 現在構想中ですので、今のところはこのページの前進にあたるサイトを 学生時代に作った時の文章を一部加筆し暫定的に掲載します。今後整理および 加筆・訂正を行っていきます。

[弦の話] [ヴィブラートの話]


弦の話

□材質
▽スチール
スチールは安価で、日持ちがします。音色は金属弦なだけに、金属的で丸みに欠けた音がしますが、音の張りは強いです。現在はE線以外にスチールを使用することはほとんどありません。日本ではスチールは粗悪、ガットは高級な弦であるという認識がなされていますが、他国では好みの問題である、という意見が一般的なようです。

▽ガット
ガットは羊の腸を乾燥してよったもので、現在はその周りにアルミニウムなどの金属を巻きつけたものが主流です。巻き弦はレスポンスが良く、強い音が出るので現在の音楽の要求に合致していると言えます。昔ながらの裸弦は繊細な音が特徴ですが、現在入手は困難です。ちなみに ハイフェッツはガットの裸弦を愛用したと言います。彼はその高度な技巧と裏腹に とても音量が小さかったと言われており、それは弦に原因があったのではないかと 推測できます。彼の場合は音楽表現にガットが必要であり、なおかつそのデメリットを 技術でカヴァーできただけで、並の奏者がガット弦でオーケストラと協奏することは ほぼ不可能でしょう。

▽ナイロン
ガット弦の良い部分を安価に、と考案されたのがナイロン弦です。文字通りナイロンを核とし、その周りに金属を巻きつけたもので、だいたいガット弦の半額程で購入することが可能です。現在は このタイプがほぼ主流で、あれこれこだわりたい演奏家を除けば、多くのプロもナイロン弦を 使用しています。前述の通り安価な上に音量が良く出て、なおかつ馴染むのも早いので、 万能で取扱い易い弦と言えます。音色はガットに比べやや落ちますが、ヴィブラートと ボウイングで音色を創ることができれば、長所の恩恵が大きいです。

□太さ、硬さ
同種類の弦でも何種類かの太さが用意されている場合があります。弦が太ければその分張力が強まりますので、強い音を出すことができますが、その反面で音色の豊かさが失われます。逆に、細い弦は音量は出ない分、音色が豊かになります。弦の硬さも同様に、硬ければ強い音、柔らかければ豊かな音色を出すことができます。

□交換時期
弦の交換時期はこれといって期間が決まっているわけではありません。環境や材質により日持ちが違うので、奏者が判断することです。少なくとも次のような症状が表れたら早急に交換した方がいいでしょう。
・音量が出なくなった
・音色が良くない
・調弦が合わない
・今にも切れそうである
上に挙げた中で、下の二つの状況になれば大抵の方は異常にお気づきになると思います。 問題は上の二つで、毎日少しずつ劣化するとなかなか気づかないものです。弦が劣化していると、 楽器のランクがひとつ違うくらいの差がでてきますので、是非良い状態で 演奏を楽しんで下さい。理想的には毎日交換した方が良い、という演奏家も中には いますが、なかなかそういう訳にもいきません。だいたい弦が劣化し切る目安は、 毎日弾いていて1ヶ月、そうでなくとも楽器に張ってあれば2〜3ヶ月で劣化します。 また、弦は楽器に張っていなくても劣化するので、弦を購入する際に何ヶ月も 在庫されていたようなものは避けるのが賢明です。同じ理由で買い置きはお勧めしません。


ヴィブラートの話

私個人、アマチュア・プレイヤーの音色は奇麗なヴィブラートを持っているか否かの差が大きいと考えています。ここではアマチュア・プレイヤーの方を対象に、演奏するのが楽しくなる素敵なテクニック、ヴィブラートを取り上げます。

いざヴィブラートを学ぼうという時、演奏法やフィンガリングは多くの書籍で語られているにもかかわらず、ヴィブラートについては具体的に説明している書籍を私は知りません。私自身の経験として、上手な友人に聞いても先生に聞いても「ゆらす」、「ゆっくりから練習する」、「幅を変えないで早くできるように」くらいしか教えてもらえずとても苦労したことから、ここではできるだけ具体的にヴィブラートの習得方法を述べます。

まず、自分が一番良い音だなと思う音をよく聴いて頭の中で鳴らせるようにして下さい。 具体的習得方法と言ったのに抽象的なことを言ってしまいましたが、これは大変重要です。 最終的にはヴィブラートを含めた「音色」というものは、リアルタイムに自分の音を聴きながら 無意識に調整するものなのです。それができるようになるには、常に自分の理想の音を追い求める ことです。「こんな音で弾きたい!」という気持ちを持ち続ければ、きっと忘れた頃に 素敵な音が出せるようになっているでしょう。

さて、では何を以ってヴィブラートができると言うのでしょうか。 大前提として、早さの調整を任意にできて、かつ常に安定した振動を持っていなければいけません。また、それは決してけいれんによって生まれる振動ではありません。それは、「ちりめんヴィブラート」と呼ばれるもので、良い効果を生みません。ヴィブラートを習得するためには、左腕あるいは手首の筋肉をヴィブラートを生み出すための振動運動に慣れさせなければいけません。継続してヴィブラートをかけられないのは、大抵途中で力の入り方に変化がおこり、動きを阻害しているのです。

実質的な練習方法ですが、まず完全に力を抜いて振動させます。試しに、全ての指を指板に置いてヴィブラートをかけて見て下さい。かかりますか? かからない場合は、脱力が足りません。こうして脱力すると安定してないと感じると思いますが、そこから徐々に力を入れていきます。力を入れていくことにより、安定感の増加と共に早く振動させることが可能になります。あとは、力が入り過ぎて止まってしまう寸前の、力と振動のバランスが釣り合っている点を実感するまで、練習します。ここまでが導入です。 以下、練習時のポイントをいくつか挙げます。

1)右手と左手の独立
右手(弓)とヴィブラートの独立は非常に重要です。弓の動きにつられてヴィブラートが変化してしまううちはまだコントロールできていないと言えます。早い運弓、遅い運弓の両方で同じヴィブラートをかけられるように練習して下さい。そして音が鳴っている間は決してヴィブラートを止めないで、継続してかけられるようにして下さい。さらに、指を変えるときに振動を継続できるように練習して下さい。
2)振動は基本から下へ
振動は基本となる音から下(前方への運動)へ行って下さい。何故かというと、人間の耳(脳)は最も高い音を基調に聴くように出来ているらしいので、上下とか、上にヴィブラートをかけると違和感があります。特に意識しなくても自分の耳に自然に聞こえるようであれば大丈夫です。
近年では基準音およびそれより低いピッチの間だけの振動という上記の説は否定されているそうです。古くは、フレッシュが上下均等に掛けるべきという考え方を持っていました。基準音から下へという考え方は、ガラミアンが示したことにより、広がったようです。私もヴィブラートを習得した頃の先生には「下へ」と教わりました。この考え方が広がった理由としては、「下へ」という意識で練習した方が、感覚としては習得しやすい場合もあったのかも、と推測します(私の場合はそうでした)。そういう訳で、ピッチに関しては「美しく聴こえること」のみを優先して下さい。以上、超久々の加筆訂正終わり。
3)指先で音程の振動を実感する。
よく、動きは大きいのに実質ほとんどかかっていない人がいます。これは、指先でヴィブラートを感じていないのです。これを感じるには、弦に触れている一点に神経を集中しているイメージを持ちます。力を抜いて振動させているうちはこのイメージがないのですが、力を入れていくに従って、腕あるいは手首の振動とヴィブラートのかかり具合いが見合っていること指先で実感しなければいけません。指先の一点のみにしっかりと力をかけているイメージを持って下さい。特に第一関節(指の頭に一番近い関節)は、柔らかく動く必要があります。最初は第一関節をわざと動かしても構いませんが、最終的には腕や手首の動きにつられて動くだけ、となるようにして下さい。
4)振動の方向
腕や手首の振動は弦と平行(前後運動)だと最も理にかなっているようですが、実際はそうではありません。指は弦に向かって斜めに降ろされています。従って、斜め右前方へ動かすのが正しいのです。そもそも、そうしないとあまりうまくかかりません(かかればどうでもいいです)。しかしここで、方向を意識しすぎて直線上の往復運動のようにしないで下さい。どちらかと言えば楕円運動で、なめらかに往復しているイメージを持って下さい。このことにより、柔らかくて素敵な音質となります。
5)振動の種類
早さ、深さを自由に使いこなせればだいたいはできたことになりますが、さらにヴィブラートの質も変えられるようにしてみて下さい。質というのは、例えばチゴイネルワイゼンのような情熱的な曲を弾くのと、亜麻色の乙女のような閑静な雰囲気の曲ではヴィブラートが全然違います。これが質というものです。指を立たせたり寝かせたり、力の入れ方をいろいろ変えてみると質を変えることができます。が、左手は一定の形を保つのが基本ですので、あまり変な癖がつかないように気をつけて下さい。
6)小指のヴィブラート
特に第一間接の意識が重要です。そもそも小指が強くないと難しいのですが、もし弱い場合は指板叩きの練習などを並行して行って下さい。他の指でできても、小指だけできない場合がよくあります。これは、小指のときだけ余計な力が入るために起こります。あくまで脱力と、指先への意識の集中が重要です。まずは薬指を同時に押さえて練習をしてみて下さい。
7)かけ方の手段
ヴィブラートには腕、手首、指などの種類がありますが、任意に調節することさえできれば、どれを用いても問題ありません。問題は腕でかけているか、手首でかけているかではなく、いいヴィブラートがかけられているか、なのです。ただし、いろいろ使いこなせると、自由度は高まります。

これらの問題が全て解決したとき、始めてヴィブラートによる音楽表現の入口に立てるのです。音楽表現とヴィブラートの関係は、各自の感性にで自由に決めて下さい。音楽の質によってヴィブラートの種類を変えると表現力が広がるのは確実です。自分の好きな演奏家を聴いて研究してみて下さい。


[
トピックスINDEXに戻る]
Copyright © 1995-1998, 2001-2017 violin@web all rights reserved.