ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

鈴木政吉氏製作のバイオリンについて - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[40588]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [09/07/16 21:44:32]

鈴木バイオリンのサイトの情報ではNo.3は1907年-1927年までの間に7円から12円で販売されたものですね。

ttp://www.suzukiviolin.co.jp/data.xls (Excel形式)

国会図書館の近代デジタルライブラリーに当時の鈴木バイオリンについて興味深い資料が登録されています。

ttp://kindai.ndl.go.jp/
から「主要工業概覧」で検索すると、大正10年の資料がヒットしますが、このうち「第4部 雑工業」に当時の日本の楽器産業の概況が掲載されています。この記述(農商務省工務局作成)によると、当時はドイツ製量産ヴァイオリンより米国市場では鈴木製のほうが高めだったようです。

「米国市場にて邦品(鈴木バイオリン)は独逸品よりも高価を称へ居るがごとき状態なり」

[40585]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 北川康雄 [09/07/15 19:36:48]

鈴木政吉のNO3のバイオリンについて投稿がありましたが、うちにもNO3のバイオリンがありまして、ラベルには丸い連なりのマークが入っています。それがいつ頃のものかお分かりの方はいらっっしゃるでしょうか。

[39100]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [09/01/27 23:08:12]

THE STRAD誌がMay 2008に掲載した鈴木バイオリンの特集記事が現在PDFで公開されています。鈴木バイオリンに関心がある方は必見です。
ただしタイトルと掲載号の表示が間違っています。
(タイトルの記事は日本での大人のヴァイオリン教室に関するもの)

ttp://www.thestrad.com/hdownloads.asp

タイトル:Adults Only : December 2008
実際の記事はMADE IN JAPAN : May 2008

[38514]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [08/10/26 20:36:43]

鈴木梅雄は「下級・中級・上級尚最後迄に細密なる試験に依って該当の号数を割り振るのであります」と書いているので、ある程度の範囲では作った後に号数を決めていたようです。確かに号数が高くてもあまり美しくないものがあります。音で号数を振ったのでしょうか。

無量塔蔵六氏は岩波新書「ヴァイオリン」に以下のように書いています。

安い弦楽器の響板には、戦前の鈴木ヴァイオリンでは栂(ツガ)を多く使用しました。この材木で製作されたものは比較的音が出やすく、そして音量があったので、鈴木ヴァイオリン王国を築くきっかけにもなったのでしょう。世間ではこの材木から作られた独得の音のするヴァイオリンを「鈴木トーン」といって馬鹿にする人もいます。この栂という材木はコストの点から、普及品つまり量産用としてもう一度見なおしてもよいかもしれません。

裏板については鈴木バイオリンとは書いていませんが、以下のような記述があります。

楓(かえで)によく似た縞模様をもち、材質もヨーロッパの楓にかなり近いものに栃(とち)があります。価格が楓にくらべて安価であるため、戦前によく使用され、それらのヴァイオリンをいまでもよく見うけます。材質的に腰が弱く、そのためか音に力強さがなくひよわです。

鈴木梅雄は昭和初期に北海道のエゾ松と三重と和歌山の県境の楓を使っていると書いていますが、低グレード品には無量塔氏が書かれたような材質も使われているかもしれません。

[38513]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 父娘Vn [08/10/26 19:15:08]

江崎さんやめちゃったから、どうでしょう。

[38512]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/26 13:57:02]

追伸

YAMAHAの技術はまだバイオリンには応用されていないのですかね?ギターからの技術転用ならそうそう難しくないと思うのは素人考えでしょうか。

[38511]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/26 13:53:04]

政吉ユーザー様
父娘Vn様
catgut 様

少し見ない間に濃密な書き込みがあったようで大変感謝いたします。

catgut様はさすがに大変お詳しいですね、感服しました。音に対する研究を追随されているようですので今後も報告が楽しみです。

鈴木の過去価格表に「済韻○○」という高級モデルはこれのことでしたか、当時としては画期的な技術だったのでしょう。
YAMAHAの技術はさすがに現代技術だけあって科学的に研究されているようです。しかしYAMAHAのバイオリンはあまり好評価を耳にしないので、即効性はないということでしょうか?

政吉ユーザー様のレポートは大変参考になりました、実体験からの評価ですので大変信憑性が高いです。bV〜11ぐらいで状態がよければそれなりに味がある音ということですね。

無量塔氏の原稿は世に出ないと今後のバイオリン業界にとって大きな損失です、是非出版していただきたい。
もしこの掲示板を閲覧しているかたの中に出版業界、またはつてのある方がいらっしゃいましたら是非このプロジェクトを進めて頂きたい、貴重な資料をうずもれたままにするのはあまりに惜しいですから。

皆様の有益なご意見非常に参考になります、重ねて御礼申し上げます。

[38510]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [08/10/26 10:47:34]

徳永二男氏がモーストリー・クラシック 2008年5月号の対談でこう語っています。

徳永「わざと古くした木材を使った楽器を弾いたことがあるけど、本当にオールド楽器みたいないい音がするんだよね、これが。でも1年もしたら、だめになっちゃった」

間違いなく木質加工技術で「オールドの音」が得られるのですが、残念ながら従来技術では古化の進行を十分止められなかったようです。

そこでヤマハの木材改質技術が気になります。21世紀の済韻になるでしょうか。
ttp://www.yamahamusic.jp/shibuya-s/instrument/index.php?mode=detail&id=1727

A.R.E. [Acoustic Resonance Enhancement]とは、ヤマハが独自に研究・開発した木材改質技術のことです。ギターのボディ材にこの技術を施すことで、長年弾き込まれたような豊かな鳴りを実現します。A.R.E.技術は高度に制御された水と熱のみを利用し、木材のミクロな物性をより音響的に理想的な状態[=長年使い込まれた楽器の木材の分子構造と同様の状態]へコントロールするものです。その過程において薬剤等を一切使わない環境に優しい技術です。音響的に理想的な状態には、以下のような変化により到達します。
・低域の伸びが増大することにより、豊かな鳴りと太い音色が実現。
・高域においては、立ち上がりが大きくなるとともに減衰率が高くなることで、よりシャープなエッジ感が実現。同時に耳障りな成分が抑えられる。

[38504]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 父娘Vn [08/10/23 21:05:15]

何だか笑っちゃうような話ですね。むらた氏に一票。

[38501]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [08/10/23 1:03:27]

私も済韻は笛の古化もできるということなので、強制的に振動を与えたか
なんらかの木質変化技術ではないかという気がします。

昭和初期の鈴木の製造工程について2代目社長の鈴木梅雄が書いた資料によると、当時は人工乾燥を行っています。

----
木取った材料は風燥所へ運れます。風燥とは風通しよき所に於て自然的の乾燥をするのであります。此の期間が約一ヶ月、其れが終ると本乾燥室に入ります。乾燥室は無水状態の華氏九十度(摂氏32度)位より百二十度(摂氏49度)の熱気を与へて木材中の水分質は勿論、樹脂の乾燥を計るのであります。此の期間最少限度三ヶ月。其れが終わると再び風燥六ヶ月これで一通りの乾燥が終ります。但し高級のものに対しては此の方法が数度繰り返されます。当社の最高級のものの乾燥期間は前後五ヵ年以上のものを使用して居ります。
----

現在ではヴァイオリンの木材の人工乾燥はタブー視される傾向が強いと思いますが、上記のように比較的低温なら実用的に乾燥できたのではないかと思います。

[38500]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 父娘Vn [08/10/22 4:18:14]

ヤマハのページにもそんな風な話があったような。

[38498]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [08/10/21 22:27:07]

念のため確認したところ、鈴木政吉がピエトロ・グァルネリを手にしたのは1930年代ではなく大正15年(1926年)でした。ドイツのハイパーインフレのためドイツ人のご婦人から安く入手したことを鈴木鎮一は自伝に書いています。

以下に鈴木政吉が開発し、現在まで秘密にされている音質改善技術「済韻」についての記事があります。
ttp://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00078675&TYPE=HTML_FILE&POS=1

即ちこれ等の楽器の新しい中は音が堅く且音量が乏しく本来の妙音を発するには数十年の永い間弾き込まねばならなかったのを、鈴木翁が約一ヶ月の工程により容易にかくの如き妙音を出すことが出来るようになったので鈴木翁はこの方法を「済韻」と名づけ一般の求めに応ずることにな
った。翁は語る「永い間弾き込まれた名作の楽器の胴や棹には微妙な木理の変化がある筈です。これに私が着眼したのです」

なお、無量塔蔵六氏は「済韻」については否定的な見解です。

私もぜひ無量塔氏の著作を世に出して頂きたいと思います。日本で最高レベルの価値のあるヴァイオリン関連書籍になると思います。

[38495]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 父娘Vn [08/10/21 21:53:46]

私の祖父もその時代にヴァイオリンを弾いていたらしいです。が、残念ながら、モノは残っていません。

それにしても、cutgutさん、さすがですね。博覧強記とはまさにこの人のことかと思いました。

[38490]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 政吉ユーザー [08/10/21 8:16:37]

メインにはモダンフレンチですが、政吉もサブで使っています
No.5というラベルの物が家にありました(祖父が使った物です)ので
しばらくサブで弾いていました。そこそこに音が良かったからです。
ふんわり心地よく響くので、以前に使っていたドイツの物より音色が好みです。
その後、ネットオークションで見かけた廉価版の政吉(No.1)を手に入れましたが
まさにそれは、ヴァイオリンの形をした箱でした。
それでも昔の日本人がこれで練習を始めたのかと思うと感慨深かったです。
現在は叔父の家に残っていた政吉No.11を使っています。これは素晴らしい音です。
造りも丁寧で、外見では誰も鈴木とは当てた人は居ません。
先生も音を誉めて下さいます。No.7、9あたりはたまに聞いたことがあるけれど
No,11は初めて見た、と仰いました。量産品でもランクによって相当違うようです。

[38488]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/20 23:30:53]

catgut様

貴重なご意見有難うございます。

なるほど良く見る「MASAKICHI SUZUKI」と書かれ鈴木のマークが入った楽器は量産品ということですね、冷静に考えれば確かにその通りです、本人作の個体は相当数が少なくて当然です。

そうなると真作を弾いた事のある方はますます少なくなりそうです、残念ながら音色の検証は難しそうですね。

兎にも角にも晩年の政吉氏製作バイオリンは時代相応にすばらしい楽器であったことが想像されます、その道のパイオニアで苦労した人間がいい加減なものを作るとは考え難いですもの。

なんとなく政吉氏製作の楽器について見えてきたような気がします、皆さん貴重なご意見大変感謝致します。


[38487]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [08/10/20 23:23:24]

以下は鈴木政吉の息子の鈴木喜久雄氏による父親についてのエピソードです。

(1930年代に鈴木鎮一がピエトロ・グァルネリを日本に持ち帰って)
父はグァルネーリを手にしてまったく感動した。私たち六人の兄弟たちが
集まって、父が涙をこぼさんばかりに感動している様子を見まもったので
あるが、父は、静かな口調で言った。
「このヴァイオリンはいままで、わしが考えていたヴァイオリンというもの
と音の深さがぜんぜん違う。これこそ、本当のヴァイオリンだ。お前たち
にそれが判るか」父は手にしたグァルネーリをそっと座布団の上に置いた。
「第一に表板と裏板の肉づきを見てごらん。わしがこれまで彫って来た
裏板の厚みの味がまったく違う。これは相当に厚い板を削ってこれまで
に彫りあげたものだ・・・・。わしは、どうしてこれだけ裏板の中心の厚い
ものが、こんなにいい音色を出すのか不思議でならないのだ」
父はグァルネーリをとって静かに弾きはじめた。このときの父の厳しい顔を
いまでもはっきり私は覚えている。グァルネーリは父のヴァイオリンの製作に大きな革命を与えた。父は憑かれた人のように地下室の仕事場に引き篭もってしまった。

[38486]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 catgut [08/10/20 22:51:16]

「MASAKICHI SUZUKI」は量産ヴァイオリンのブランドです。
鈴木政吉の自作(とされるもの)は滅多に市場には出てこないようですね。
今年のThe Stradの5月号にちょうど鈴木政吉の特集がありました。

MADE IN JAPAN MARGARET MEHL

このなかでMEHLさんが無量塔蔵六氏に面会し、無量塔氏が所有する
鈴木政吉の真作とされる楽器について書いています。オールド仕上げなので志野ちゃんPAPAさまが書かれている楽器だと思います。

Built in 1941, the instrument resembles 18th-century Italian models.
'It is well made, but unfortunately does not sound good', Murata commented.
'With better materials he could surely have made excellent violins.'

無量塔氏は「(1941年の作品なので)材料が悪く音が良くない。ただ、良い材料があれば政吉は本当に素晴らしいヴァイオリンを作れたはずだ。」

と鈴木政吉の腕を高く評価しています。

政吉の息子が書いた記事にも、壮年以降に経営を息子に任せて最高の
ヴァイオリン作りに打ち込んでいたことが書かれています。

[38485]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/20 21:17:30]

追補

例の鈴木バイオリン過去価格表を見ましたら昭和2〜12年までは製作された政吉bRというモデルはちょうど1000円と記述されていました、これは無量塔氏のお話と合致しますね。昭和2年で1000円は確かにかなりの大金です、音は素人には解りかねますが少なくとも見た目は良い楽器を製作しないとお客は納得しませんよね。

[38484]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/20 20:48:31]

guitarista様
志野ちゃんPAPA様

貴重なご意見有難うございます。

guitarista殿は政吉氏製作の楽器を弾いた経験がおありのようでなかなか厳しい評価ですね、政吉氏製作の楽器はやはりイマイチだったのでしょうか?政吉氏は多くの楽器を製作されたようですので他の方のご意見も聞きたいところです。

志野ちゃんPAPA殿は無量塔氏とお知り合いとはいやはや、、、、、無量塔氏も政吉製作の楽器を手に取りずいぶん研究されたのでしょう。目にされた楽器の細工やニスはなかなかの出来栄えだったようですね、やはり気になるのは音のほうですが果たしてどうでしょうか?

昨今ネットオークションにおいてはしばしば政吉氏の楽器と思われるものが時折出品されているのを目にします、残念ながらどれも状態は良いとは言えず、2〜4万ほどで落札されています。

落札した方がこの楽器を工房に持ち込み、大枚をはたいて修理をしても修理費に見合った音の楽器にならないことが多いのではないかと推察されます、結果としてどうしても評価が低くなっているのではないでしょうか?

もし政吉氏製作で鳴る楽器を弾いた経験がおありの方がいらっしゃいましたら是非お話していただきたいところです。


[38479]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 guitarista [08/10/20 8:45:52]

量産体制を築いた功績はあると思いますが、それだけだと思いますよ。楽器をみれば、楽器の対する考え方がわかると思います。

それと、木工職人として優れていても、いい音のイメージが湧かない人は、いい楽器が作れないようです。

[38477]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/19 22:29:25]

Xin様

コメント有難うございます。

ええ、このサイトは政吉氏のバイオリンをネットで検索すると直ぐにヒットしましたので参考になりました。

このサイトでは政吉氏のバイオリンは国産の木を使っているようと推察していますね、あと細工などはあまり丁寧に行われておらずアラが目立つと。
私が感ずるにこのサイトで扱っているバイオリンは政吉氏本人の作ではないような気もするのですがどうでしょうか?

残念ながら肝心な音についてはほとんど記述されていないので、イマイチ参考になりませんでした。

[38476]

Re: 鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 Xin [08/10/19 21:54:27]

このサイトごらんになりました ?
ttp://www5a.biglobe.ne.jp/%7Eh-sumiya/

[38474]

鈴木政吉氏製作のバイオリンについて

[楽器・付属品]
 HONEY [08/10/19 19:02:46]

初めて投稿させて頂きますHONEYと申します。

恐縮ながら鈴木政吉氏製作のバイオリンについてですが、音のみを基準で考えて現在どのような評価をされているのでしょうか?
政吉氏が楽器を製作されていた戦前はまだ製作技術も試行錯誤の段階だったと思われます、もちろん材料も国内の木材を使用していたと考えられます。
スズキバイオリンのサイトを見ると昔の価格表が公開されています、政吉氏自信製作の楽器は当時の価格で1700円(!)となっています、ちなみに一番安い機種は8円ぐらいだったようです。
この価格の開きから見て当時の政吉氏製作の楽器は相当高価だったとうかがえます。はたして現在その楽器はどのような音色を奏でているのでしょうか?

現在国内製作者は海外で修行された方も多く、国際的にも高い評価をされています、バイオリン製作のパイオニアたる政吉氏の楽器は果たして現在どのような評価がされているか恐縮ながら知りたいわけでして、投稿させてもらいました。

もし当時の政吉氏の楽器を弾いたことがある方がいらっしゃいましたら是非意見を聞かせて頂きたい。

どうかご教授お願いします。

Copyright © 1995-1998, 2001-2020 violin@web all rights reserved.