ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

生徒によって教え方を変える - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[49741]

Re: 生徒によって教え方を変える

[音楽論]
 pochi [15/06/28 16:32:32]

>学歴職歴を言うほど馬鹿じゃありません。
==49623と同一人物氏の定義では、私は馬鹿になります。学歴も明らかにしています。陸軍幼年学校卒で、19歳のジョシダイセイです。

陸軍幼年学校入試は難しく、現代的に言えば、偏差値80程度でしょう。スーパーエリートです。

[49740]

Re: 生徒によって教え方を変える

[音楽論]
 49623と同一人物 [15/06/28 15:45:38]

pochiさん、私は学歴職歴を言うほど馬鹿じゃありません。

[49739]

Re: 生徒によって教え方を変える

[音楽論]
 pochi [15/06/28 12:09:56]

49623と同一氏は、「初級者級」でしたよね。

ヴィオラの薬指運弓と、肘の使い方、体の使い方に就いての、私のアドヴァイスは如何でしたか?

効果があったとか、糞の役にも立たなくて余計に下手になってしまった、とか、こうすればもう少し改善が見込める、とか、感想を投稿すれば、Hが解らずチューナーで音程を確認する柏木クンみたいな人の強弁を排除しやすいと思いますし、よい掲示板になると思います。

柏木クンがあれだけ強弁するところを見ると、どんな指導をしたとしても、解らない人には解らないのでしょうね。

[49738]

Re: 生徒によって教え方を変える

[音楽論]
 49623と同一 [15/06/28 11:55:44]

わざわざスレと起こしていただき痛み入ります。

「くだんの先生」は私が好みそうな良い生徒を示しておいて、その水準と異なる、私からすれば非良心的な指導をやってくれました。

生活のための確信犯でしょう。青少年オケに入れようと考えているなどとは知らず、基礎を正しく教育してもらおうと考えた私は、つくづく「なめられた」と思っています。私の政治力、判断力の不足です。遠隔地なのでもう付き合わないことにします。

先生に当たり外れはあるものだ、という事実を申し上げました。対面が基本の音楽教育ですが、この種の事件は時折発生します。

紹介した例の生徒ですが別段不幸な思いもせずにいるようです。音痴から脱出して欲しくて紹介しましたがそれは果たされず既に手遅れです。こんなものでしょうね。

[49734]

生徒によって教え方を変える

[音楽論]
 pochi [15/06/28 2:09:05]

話題が変わっているので、こちらの関連です。
http://www.fstrings.com/board/index.asp?id=49682#49731
>相手によって対応を変える器用さを、私は持ちません。私のところに来たなら音程と音の出し方だけは改善してから去ってもらいたい(弟子は手元に長く置くものじゃないですよ)。といっても最近弟子が来なくなりました。仕方ないですね。

小さい頃から習っていて、音大を卒業している、としている、ヴァイオリン教師の中にも、音が解っておらず、ファースト・ポジションでさえ、全く音程が取れておらず、運弓の基礎が無い人もいます。それでも教えても良いと思っていて、模範演奏動画をyoutubeに上げているくらいですし、ブログでは、音程が悪い事を、音階練習不足の所為にしていますから、自分がオンチである、という、自覚を全く持っていない、ということですよね。

ヴァイオリンに限らず楽器演奏は、いくら努力しても、自覚が持てない人には、持てないのではないか、と疑っています。

示唆的な例があります。
ttp://www.dailymotion.com/video/xlcn4s_nodame-cantabile-16-sub-espanol_shortfilms
12:20〜 13:18〜
「僕はね、千秋君。やる気のない生徒に、やる気を出させるほど、やる気のある教師じゃないんだよ。でも、生徒は大事なお客様だから、生徒の夢や希望を叶えるための努力や協力はしてやりたい。」

私は個人的に、ヴァイオリンを教えるのであれば、最低でも、ヴァイオリンらしい音程と、よい運弓で弾くことにより、少なくとも、他人に不快感を与えない程度に弾ける、という、ヴァイオリン学習の初期ハードルを、超えられる様に教える、義務があると、思っています。

自分には教えられないと判断したら、自分には教える能力がないのだから、他の先生を紹介するのが、倫理観みたいなものだと思います。

一方、自分が出来ていない(自分が出来ていない事も解っていない)ヴァイオリン教師は、ゴミ未満、害悪だと思っています。
http://fstrings.com/board/index.asp?id=49682
ヴァイオリン教師ではありませんが、朝比奈隆や斎藤秀雄は、楽器演奏がどうあるべきか、という基礎が解っていませんでした。音楽をするに価しない連中(連中がやっていたのは音楽ではない)だと、思っています。

教える側が初期ハードルを超えていることは前提ですが、自覚が持てないと判断した生徒に対しては、
>件の先生は弟子によって指導法を変えているのでしょう。「マシな子にはきちんと指導」「そうでない子とは人間関係を早く作り仲良くなり青少年オケの兵隊とし楽しい思いをさせ、技術はうるさく言わないで長続きさせる」。
===これでも仕方がないのでは、、、と思います。朝比奈隆や斎藤秀雄には、無理でした。

朝比奈隆や、斎藤秀雄が、立派な人格者であったかどうか、は、音楽的素養の有無とは、全く関係ありませんから、お間違えの無い様に。

御意見をどうぞ。

Copyright © 1995-1998, 2001-2020 violin@web all rights reserved.