ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

ボーイングにて - ヴァイオリン掲示板

記事番号: 削除キー:

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[53372]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 pochi [18/05/28 19:56:17]

初心者の段階で、オーケストラで、座って弾く習慣があると、良い運弓の獲得が、完全否定されます。

良い運弓で座って弾くと、腰〜頚椎を痛めます。オーケストラヴァイオリン奏者の職業病みたいなものです。だから、立って弾く時と座って弾く時では、弾き分けが必要なのですが、最初から座って弾いた人には、立って弾くときの弾き方が、解り様がありません。

体重移動に「足」が大切なのですよ。

=========

初心者(中学生以降から始めた人全員)でも「足」が大切である事が解る、簡単な方法が、
「椅子に座って両足を上げて弾いてみる」
弾けないのでやってみればよいでしょう。

=========

幾らロングトーンを練習してもダメなダメです。
https://youtu.be/6yUdvnVHQNA
ヴァイオリンらしい運弓を生涯獲得出来なかった例です。

[53371]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 ヒロ [18/05/28 9:28:18]

当時は確かカイザーやってた気がします。学生オケやってましたから、曲はオーケストラ曲ばかり。

開放弦のボーイング練習は、書道の最初の一歩が横画、縦画を半紙いっぱいに書きなぐったり、ひたすらとぐろを書いたり、ジグザグを書いたりするようなものに似てると思います。

表情をつける前の基礎かと。

[53370]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 ボウ [18/05/28 2:14:56]

ヒロさま、

質問ですが4年間開放弦ロングトーンの他にどのような曲やエチュードを弾いていましたか?4年の間に曲も演奏も成長したと思いますが、ロングトーンだけで音大を卒業してしまいますね。^_^

[53368]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 ヒロ [18/05/25 0:19:37]

解放弦のロングトーン。
元から先まで均一な厚み太さの音。
ゆっくり均一な速度。
駒寄りでfで。
濁点のある音で引っ掛かりを感じながら。
私は4年くらいこればかりやってました。
音程以前の基礎技術。


[53367]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 pochi [18/05/24 9:27:16]

>腕の重さが弓に乗って弾いているかどうかの感覚はどうすればわかりますか?
-----基本的には音で判断するしか無いので、二人羽織で先生に弾いて貰えば、至近距離では、どんな音を出すべきなのか、解ります。

CD等、電気機械で聴くヴァイオリンの音や、舞台の遠くで弾いているヴァイオリンの音と、至近距離(15cm以内)で聴く、自分が弾いているヴァイオリンの音は、印象が全く違います。

二人羽織りで弾いてあげると、剰りの音の厳しさに、ヴァイオリンをやめてしまう人も多いのですよ。

物理的方法を3つ、既に提案しています。
@指板寄りを思いっ切り弓圧を掛けて、音程が無い音で「グェーグェー」と弾いてみる。
A(人工)フラジオを弾いてみる
B弦の振幅を見る

その他、古い投稿ですが、
http://fstrings.com/board/index.asp?id=795&t=2004

ヴァイオリンは作音楽器なので、リアルタイムのフィードバックが不可欠です。

[53366]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 重み [18/05/24 7:08:43]

腕の重さが弓に乗って弾いているかどうかの感覚はどうすればわかりますか?
音色以外でもわかりますか?

[53364]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 pochi [18/05/13 11:08:48]

書き忘れていましたが、古い運弓法には呼吸との関係があります。

力を全く入れず、弓を弦の上に乗せて、大きく深呼吸すると、弓が動いてしまいます。これが、運弓動作の基本になります。ある程度以上の年齢の先生なら、習った筈です。

近年の運弓法では、呼吸と関係なく行う指導法もあるみたいです。

[53363]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 たぬき [18/05/12 18:11:39]

我が子が現在の先生に教わるようになって、運休を基本から徹底的に修正されました。
常に弓弓言われ続けて、やっと言われなくなった頃には、三年が経過していました。
最初から(現在の)先生に教わることが出来ていれば、今頃はもっとまともに弾けるようになっていた可能性もありましたので、最初の先生が本当に大切なのだなぁと思わずにいられません。

[53356]

Re: ボーイングにて

[雑談・その他]
 きく [18/05/07 16:28:57]

耳でよーく聞いてチェックするのが一番大事です。
自分が欲しい音が出ているか聞いてください。

[53355]

Re: ボーイングにて

[演奏技術]
 らーゆ [18/05/05 18:36:32]

先生に@を確認して見てもらいます。
ポイントを踏まえて運弓を練習してみます
pochiさんありがとうございます。

[53354]

Re: ボーイングにて

[演奏技術]
 pochi [18/05/05 17:25:10]

>ボーイングの時どこを意識して練習すれば自然な運弓が出来ますか?
----3つポイントがあります。
@姿勢と体重移動
A弦と弓の接点を見て弾く
B弦の振幅を見て弾く

@は先生に習わない限り、習得は不可能です。

>勝手に引っ張られる感覚がありました
----ポイントは1つです。
C弦の上で弓が止まった状態から弾き始める

[53353]

ボーイングにて

[雑談・その他]
 らーゆ [18/05/05 16:31:31]

バイオリンを始めて2ヵ月近くひたすらボーイングを綺麗に弾く練習をしてきたのですが、ある時弓が勝手に引っ張られる感覚がありました。その時はすごく自然に運弓が出来ていたのに、弓を置いてもう一度弾くと引っ張られる感覚が無くなってしまいました。

その後も運弓をしていますが引っ張られる感覚は感じられません。
ボーイングの時どこを意識して練習すれば自然な運弓が出来ますか?
もう一度弓と腕が一体化した感覚を味わいたいです。

この話題に返信する


※HTMLタグは使えません
※スパム対策の為、本文中にURLまたはメールの記載がある場合は投稿を拒否します。ご注意ください。
※スパム追加対策の為、下品なキーワードを含む文章は、全体の文意が芸術性に富むものであっても投稿できない場合があります。ご注意ください。

【投稿にあたって注意して頂きたい点】
  • 同じ趣旨でも、できる限り多くの人に受け入れられる表現を心掛け、社会的節度をもった書き込みをお願いします。掲示板が荒れたり、少なからぬ閲覧者が不愉快になる恐れのある記事は削除します。
  • 特定対象(掲示板利用者および運営者を含む個人・法人・商品など)に対し、それを貶めたり攻撃する意図が疑われる投稿、貶めたり攻撃する結果となる投稿、主観・想像・感情などに依拠する客観的根拠の希薄な批判、その他十分な敬意・配慮に欠ける投稿は削除対象です。
  • 特に名指しでの批判的内容の投稿については、それが公益目的が主である場合かつ他にどうしても適当な手段や表現が考えられない場合を除き、削除します。例:特定対象を『能力が○○だから/考え方が○○だから、ヴァイオリンを弾いてはいけない/教えてはいけない』等は評論目的・公益目的とは見做しません。
  • 上記と評論の区別は難しく、批判的内容でも削除されない場合もありますが、公序良俗・評論対象の立場・投稿者責任に照らして問題がないか、投稿前に自問しましょう。
  • 場が荒れない程度に、適度に空気を読んで和を保つよう、お互いがコミュニケーションに努めてください。
  • 気に入らない記事には、内容に対する意見でなければ、スルーしてください。また、他者の反応のないまま10件以上の投稿が続いた場合、削除される場合があります。
  • 個人のプライバシーに関する話題、荒らしと見做された行為(文章外の記号、罵詈雑言、場の趣旨に無関係な投稿など)、自作自演と見做された行為、および匿名プロキシ・サーバ経由の投稿は無条件で削除される場合があります。
  • 以上に照らし、管理人の判断において不適当と思われる記事、またはスレッド全体を削除する場合があります。
  • 当掲示板をご利用の場合は管理人の削除判断に合意して頂くこととし、削除判断についての掲示板上での議論(削除対象になります)はお控えください。
  • 削除されない記事・スレッドについても、管理人が気付いていない場合や判断が困難な場合があります。特定記事・スレッドに問題をお感じになった場合は、お手数ですが管理人にお知らせください
  • 投稿に際しては以上の全項目にご同意頂けたものとみなします。以上に関する不明点や疑問点は管理人にお問い合わせください

お名前(ハンドル可):
  記事削除キー: (半角英数8文字以内)

記事タイトル:

記事本文:

記事区分:

フォント色:


Cookie: 記録 消去   (名前、パスワード、フォント色)

Copyright © 1995-1998, 2001-2018 violin@web all rights reserved.