ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

真の実力 - ヴァイオリン掲示板

記事番号: 削除キー:

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[53657]

Re: 真の実力

[雑談・その他]
 NNOL [19/02/25 10:40:46]

五嶋みどりさんだって何か月か引かないときがありましたよ。それでもすぐに舞台復帰して世界的な名演奏をしています。
ヨーロッパのアーティストはちゃんとバカンスを夏に1か月とるのでその間はヴァイオリンに触らないそうです。

でも、そんなこと言うけれど、あくまでもアマチュアでもプロ並みにうまいくらいの人で、プロとアマチュアは全然違いますよ。時にはすごく才能のあるアマチュアの方もおられるかもしれませんが、そういう人はプロ並みの修行をしていたはずです。ストックがあって、「いい音」を知っているから、半年弾かなくても弾けるんですよ。

練習は裏切りませんし、蓄積されますが、技術は減ることもあります。
ずっと練習するタイプでも、まばらに練習するタイプでもどちらでもいいと思いますが、練習しないでプロ並みの音を出せる人はいません。
「真の実力」のある人は、「よい音」を知る機会に恵まれていた人だと思います。

[53656]

Re: 真の実力

[雑談・その他]
 ラボ [19/02/24 22:44:00]

ヨアヒム、ハイフェッツ、オイストラフは、地道に毎日熱心に練習するタイプだったようで、サラサーテやクライスラーとは正反対のタイプだったようですね。
自分が最近見た実例としては、しばらくぶりにヴァイオリンケースを開けたところ弦が1本切れていてチューニングも狂いまくっていた、という状況なのに、手早く弦を張り替えて、即座にプロレベルの素晴らしい演奏を聴かせててくれました。その人は、プロではなく、アマチュア奏者です。
仕事が忙しく半年ぐらいヴァイオリンケースを開けたことが無かったようで、いつ弦が切れたのかわからない、と言っていました。
自分は、間近でプロ奏者(ソリストを含む)の演奏を何十回も聴いたことがありますが、毎日練習していると思われるプロオケ奏者よりも、むしろ、こういう(全然練習していないのに、すごく上手い)アマチュアの方が、実力が上なのではないかと思ってしまいました。

[53655]

Re: 真の実力

[雑談・その他]
 pochi [19/02/24 18:39:30]

http://fstrings.com/board/index.asp?id=53654#53654
[19/02/24 1:08:43]
ラボ氏、

稽古と本番は違います。プロは本番で良い演奏をする人が良い演奏家であって、稽古は、沢山していようが、していまいが、全く関係ありません。

「努力は賞賛に値するが、評価には値しない」
プロ(全ての社会人)にとって、当たり前の事です。

大相撲では、稽古では圧倒的に強かった人がいました。「魁皇」「隆の里」で、長らく「稽古場横綱」と言われていました。最近引退した「稀勢の里」も「稽古場横綱」でした。

練習の鬼だった「落合博満」は、
「練習しないで成績が残せるなら、練習しない。練習が好きな人は居ない」
と言い切っていました。

「王貞治」は反対で、練習は辛いけど「マスキスト」的な人が練習が出来て、上手くなる、と発言しています。

>あまり練習しなくても巧さ(上手さ)を維持できる人こそが、「真の実力」がある演奏者だと思いました。
---------練習をしない事で有名な「イツァーク・パールマン」には当て嵌まります。

「ダヴィッド・オイストラフ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%95
来日した時、プロモーターが、
「京都へ観光に行こう」と言ったら、
オイストラフは、
「そんな暇があるなら練習したい」
と言ったのだそうです。

ラボ氏説なら、オイストラフは下手糞ですね。

「ヤッシャ・ハイフェッツ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%84
は、極限的に集中して練習する人でした。

[53654]

真の実力

[雑談・その他]
 ラボ [19/02/24 1:08:43]

パブロ・デ・サラサーテやフリッツ・クライスラーが、普段からあまり練習しなかった、夏休み中(バカンス中)は1〜2か月全く楽器に触れさえしなかった、本番当日も全く練習せずにステージに上がることが多々あった、といった話を本で読んだことがありますが、そのときは、本当にそんな話があるのだろうか?かなり話を盛っているのではないか、と思ったものでした。
ところが、最近、そういう実例をリアルに体験して、あまり練習しなくても技量を維持できるタイプも居る、ということがわかりました。あまり練習しなくても巧さ(上手さ)を維持できる人こそが、「真の実力」がある演奏者だと思いました。

この話題に返信する


※HTMLタグは使えません
※スパム対策の為、本文中にURLまたはメールの記載がある場合は投稿を拒否します。ご注意ください。
※スパム追加対策の為、下品なキーワードを含む文章は、全体の文意が芸術性に富むものであっても投稿できない場合があります。ご注意ください。

【投稿にあたって注意して頂きたい点】
  • 同じ趣旨でも、できる限り多くの人に受け入れられる表現を心掛け、社会的節度をもった書き込みをお願いします。掲示板が荒れたり、少なからぬ閲覧者が不愉快になる恐れのある記事は削除します。
  • 特定対象(掲示板利用者および運営者を含む個人・法人・商品など)に対し、それを貶めたり攻撃する意図が疑われる投稿、貶めたり攻撃する結果となる投稿、主観・想像・感情などに依拠する客観的根拠の希薄な批判、その他十分な敬意・配慮に欠ける投稿は削除対象です。
  • 特に名指しでの批判的内容の投稿については、それが公益目的が主である場合かつ他にどうしても適当な手段や表現が考えられない場合を除き、削除します。例:特定対象を『能力が○○だから/考え方が○○だから、ヴァイオリンを弾いてはいけない/教えてはいけない』等は評論目的・公益目的とは見做しません。
  • 上記と評論の区別は難しく、批判的内容でも削除されない場合もありますが、公序良俗・評論対象の立場・投稿者責任に照らして問題がないか、投稿前に自問しましょう。
  • 場が荒れない程度に、適度に空気を読んで和を保つよう、お互いがコミュニケーションに努めてください。
  • 気に入らない記事には、内容に対する意見でなければ、スルーしてください。また、他者の反応のないまま10件以上の投稿が続いた場合、削除される場合があります。
  • 個人のプライバシーに関する話題、荒らしと見做された行為(文章外の記号、罵詈雑言、場の趣旨に無関係な投稿など)、自作自演と見做された行為、および匿名プロキシ・サーバ経由の投稿は無条件で削除される場合があります。
  • 以上に照らし、管理人の判断において不適当と思われる記事、またはスレッド全体を削除する場合があります。
  • 当掲示板をご利用の場合は管理人の削除判断に合意して頂くこととし、削除判断についての掲示板上での議論(削除対象になります)はお控えください。
  • 削除されない記事・スレッドについても、管理人が気付いていない場合や判断が困難な場合があります。特定記事・スレッドに問題をお感じになった場合は、お手数ですが管理人にお知らせください
  • 投稿に際しては以上の全項目にご同意頂けたものとみなします。以上に関する不明点や疑問点は管理人にお問い合わせください

お名前(ハンドル可):
  記事削除キー: (半角英数8文字以内)

記事タイトル:

記事本文:

記事区分:

フォント色:


Cookie: 記録 消去   (名前、パスワード、フォント色)

Copyright © 1995-1998, 2001-2019 violin@web all rights reserved.