ヴァイオリン好きのための情報サイト
ヴァイオリン・ウェブ
ホーム 演奏家 楽曲 CD 製作者
トピックス 伝言板 掲示板 占い
アーカイブ 検索 メルマガ
マップ リンク ポリシー

弦楽器フェア2009の感想? - ヴァイオリン掲示板

[スレッド一覧に戻る] 並び順 [ 日付の新しい順 | 日付の古い順 ]

このスレッド内のレス一覧

[42000]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 愚か者でも幸せ [2009/11/29 23:43:15]

賢者ZINK様

自分であたらしいの企画運営してみたらよくわかると思います。

黄金の棺桶でしたら紹介しましょうか?

[41992]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/29 9:25:37]

なるほど貴重な提言でしょうが、外野でごにょごにょ言うよりか…
infom(あ)jsima.jp
上記の(あ)をアットマークに変えてご意見をどうぞ。

[41991]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 ZINK [2009/11/29 4:27:24]

テーマをもとに戻していただき、ありがとうございました。
日本弦楽器製作者協会は「NPO」のように行政に認証
していただいたらどうでしょうか。そうすれば安心して、
「1,000円」払います(笑)。収支の「縦覧」もできますし、
団体も信用できます。資金管理の通帳名義も法人でな
ければ個人名とせざるを得ない。水道光熱・通信費な
どどうやって算出しているのでしょうね。事務所費ももし
個人宅であれば。全て無償ボランティアで役員が対応
しておられるとすれば素晴らしいことだと思います。
しかしどうやら会費なるものを払わなければいけない
ようです。団体運営に「カネ」はつきものです。
税務署もこれだけ法人税が目減り、滞納者続出します
と、かなり厳しいチェックが入るはず。弦楽器フェアの
ような大きな大会運営は後始末も大変なはずです。
私はこの一点に大いに興味があります。


[41987]

フェアの感想です

[雑談・その他]
 ジュード [2009/11/27 10:45:47]

一年ぶりに弦楽器フェアに行きました。
とても楽しかったです。私は大好きです。

買う、買わない、という前提なしに
これだけの数の楽器を自由に手に取り弾いてみることが
出来る機会は滅多にありませんし、
店舗のような密室性がありませんから
自分のペースで気兼ねなく行動できるのがいいですね。

楽器持ち込み可の(自分の楽器とともに試奏できる)
国外の楽器フェアにも行ったことがあります。
自分の楽器を使えると基準点がはっきりして
楽器の比較が容易になるという大きな利点があり、
それはやはり否定できませんが、
ブース毎に自分の楽器を出したりしまったりするので
時間が取られます。

日本の弦楽器フェアでは「右から左へすぐ移動できる」
ことを利点と考えて楽しむようにしています。

私は弦楽器フェアは
弦楽器のお祭りのようなものだと思っています。
3日間好き勝手に楽器をさわり、演奏も聞く事ができて
1000円の入場料はむしろ安いと思います。
一日だけの入場でも高くないと思います。

毎年同じ事の繰り返しをしているというキライはあるかも
しれませんから、
リピーターが新鮮な気持ちで来場できるような
企画があってもいいのかもしれませんね。

[41985]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/27 4:22:56]

人の「自由」を奪う発言があったら、それはそもそもいけません。
「バイオリンを抱えて死ねたら本望だ」という方も知っています
が、その方のご遺体の後片付け、大変そうですね(笑)。
「人に迷惑をかけない自由」であれば、その「自由」は否定さ
れるものでもありません。
「今のうちに自由を謳歌され、存分弾き込まれる」のがよろし
いかと思います。後のことは考えずに・・・・・・その方の余命
は「あと何年か」誰もわかりませんので・・・・・。

[41984]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/26 22:44:09]

zinkさんがヴァイオリンをお止めになる自由を私は妨げません。
同様に、他のみなさんがヴァイオリンを続ける自由にクレームを付ける権利を、何人も所有しません。
皆自分の責任で音楽をお続けになることは素晴らしいことです。

[41983]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 愚か者より [2009/11/26 22:19:47]

賢者zink様

> 「生きるか・死ぬか」の時に、まさかバイオリンを選択しませんよね。

アインシュタインはヒットラーに指名手配を食らった時バイオリン持って渡米したそうです。

フルトベングラーは何時爆弾が頭上に落ちるかも知れない状況で指揮棒を振った。

私はそういう人達を尊敬します。

[41978]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 セミアマ [2009/11/26 10:21:20]

zinkさん
私は 決して若くはありませんが 「平和」(「健康」も含め)の有難味を忘れている人のひとりだな と反省しています。そして 「パンデミック・フルー」とう言葉も初めて知り いろいろと考える良い機会を与えていただきありがとうございました。

[41977]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/26 5:23:52]

手を伸ばせば届くところに食べ物があり、「仕事」が
あり、「音楽」など好きなことがやれる・・・・
何度も書きますが「平和」だからです。アジアで日本
が覇権を握れる時代であったからです。

ここ数年は「パンデミック・フルー」で、気の抜けない
時代でしょう。それは恐ろしいほど経済の停滞を引き
起こします。今でも「ギリギリ」で生活しているプロ
演奏家、工房経営者(特に雇用者を抱える)は、ここ
数年は「新たな投資を控えた方がよい」というアドバ
イスです。実は今「平和」なように一見感じるだけで
「有事」一歩手前です。

「死亡者・64万人」というのはかなり大げさですが、
人類はそうしたパンデミックを乗り越え、技術進歩
も遂げてきましたので、回避できない宿命ですね。
「生きるか・死ぬか」の時に、まさかバイオリンを
選択しませんよね。宗教じみた人もいますが、「生
きている」からこそ「楽しめる」ものです。

「平和」(「健康」も含め)の有難味を忘れている人
は結構多いですね、特に若い世代の方々に。
今回の「パンデミック・フルー」はそういう意味では
「良い教材」といえましょう。代償が大きくないこと
を祈ります。

[41975]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 愚か者より [2009/11/26 0:33:09]

賢いzink様

真面目で実直に生きてこられた方なのだと思います。
でもこういう時だからこそ気を引き締めて勇気をもって毎日を過ごそうではありませんか。

苦しい時は根本的な考え方を見直したり
新しい発見をするチャンスとも思えます。

金や株やFXだの。私はいらないです。
苦しくても今、誰かが必要としている
何かを提供できる人間になれれば
それで幸せです。

音楽を愛する気持ちが景気によって左右されてたまるか!




[41965]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/24 22:32:43]

いろいろと好き勝手書かせていただきました。お詫びします。
「心構え云々」は、世の中が「平和」であることが前提。
今は「鎌倉時代」のように「疫病」が流行っています。そう、「インフル」です。「弦楽器」などに投資するより、「パンデミック」に備えて、手持ち資金(ゴールド(金)を含め)を確保しておくべきときです。来年あたりの「第二波」は、専門家はかなり懸念しています。来年は最もリスクが高いようですので、新たな投資は避けるべきです。なんと言っても「手持ち」ですよ。特に従業員を雇用する経営者は賃金が払えなくなる可能性もあり、心配ですよね。

[41962]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 セミアマ [2009/11/24 9:53:07]

zinkさんへ
zinkさんの予想が外れることを期待したいのですが 日本は どうも やはり と私もなんとなく感じています。
そこで お願いですが zinkさんは相当の現状分析能力をお持ちだと思いますので もし可能であれば 個々のケースについてどの様な心構えで臨めばいいかのコメントをお聞かせ出来ないでしょうか。
1.プロ演奏家は
2.工房経営者は
3.我々アマチュアは

[41961]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 jank [2009/11/23 23:19:12]

不景気も、衰退も、政治の混乱も日本海に眠る固形ガスの採掘が本格化するまでの辛抱です。大資源国・日本の繁栄はすぐそこです。今はちょっとばかり我慢して、10年後はみんなでイタリア名器を買いまくりましょう。ストラドが今のベンツ程度の感覚で手に入る時代はすぐそこです。

[41960]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 なん [2009/11/23 21:09:49]

シーラカンスビル

[41959]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/23 18:23:28]

これだけデフレ状態になってくると、経営危機の工房・弦楽器店が増えてくると思います。小さな工房など「死活」問題になってくるかも知れません。個人の楽しみだけであれば別にどうなっても構いませんが、おそらくプロ演奏家も巻き込んで「大失業・大倒産」の時代が来ると思います。工房数は減り、お店は現金確保に走るかも知れません。インフルエンザの動向も気になります。工房経営者は新たな投資は慎重に行うべきときです。しばらくは「文明衰退」もやむをえません。ただしわが国に「その先」は残念ながらありません。トンネルを抜ければ「別世界」です。

[41930]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/14 22:16:24]

白川のコンテンポラリー、何度も行きました。当時まだ学生でしたが、焼けちゃった横井さんのホテルでしょ。東ドイツ(当時)のブリュックナーが気に入りましたが…。
あいにく小生はまだまだ楽器を弾きたいですから文明論なんぞ関心ありません。まぁお好きにどうぞ。

[41909]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/12 22:26:44]

昔、白川総業は新作を一手に紹介する展示会を開いていました。非常に良い感じだったのを覚えています。申し訳ないのですが、全般的に言ってそのときに並べられている弦楽器と時代は違いますが現代のメーカーの弦楽器の存在感、まったく違います。メーカーには申し訳ないのですが「薄っぺら」な印象をとても強く感じます。ひさしぶりに見に行ったら、本当にがっかりしました。もちろん一握りですが、存在感を放つメーカーもいます。でも、本当に一握りですね。もちろん人それぞれですので、誰の意見も否定するものではありません。行くんだったら「上海」の方が面白そうです。
「日の沈んだ国」は、文化・芸術もますます廃れていくんでしょうね。白川総業の「あの時代」は今から思えば「高度成長期」でした。

[41887]

弦楽器フェアに環境意識が必要か?

[雑談・その他]
 rio [2009/11/10 23:04:01]

zinkさんコメントの
>地球環境問題
には確かに、思うところもあります。

真面目に考えている企業はどのくらいあるんでしょうね。

私の勤務する会社ならびにその業界は、戦前から、環境対策、植林・水質の改善・大気汚染対策等に取組みその技術を自分だけのものにせず公にしてきました。また資源のリサイクルにも取り組んでいました。

戦後しばらく経ってから取り組みはじめた企業の多くは、まじめに取り組むというより、取り組みながら会社のPRに使う…まるで似非メセナのようですよね。うちの会社でも、年間数千万円程度ですが、クラシックの若手育成にメセナ活動をしていますが、一切企業名を出すことはしません。それが文化支援活動だと考えているからです。

表立って「環境!!」「社会貢献!!」と言っている、法人・個人ほど胡散臭いと思うのは私だけでしょうか?

とまあ 堅いことを書きましたが

弦楽器については、惰性と煩悩のおもむくままに感じていたいので
環境保護とか社会貢献とかいう堅苦しいことを考えずに
純粋に 楽しいか楽しくないか だけで接したいと私は考えてます

1,000円は賛助金として、日本弦楽器製作者協会の収入となり
どう使われようともかまいません。
来年も、弦楽器フェアーが開催され
行くことができれば…それだけで良いです

[41886]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/10 21:47:43]

日本弦楽器製作者協会は「地球環境問題」を一体どう考えているんでしょうか。新作バイオリンは「供給過多」ではないのですか。「植樹」とかそういう社会貢献活動はしないのですか。これだけ木材を使用するビジネスなのに、そんな活動もできないのですかね。1,000円の賛助金は、できれば自然環境保護のために使用してほしいと思います。

[41885]

弦楽器フェアの感想

[雑談・その他]
 rio [2009/11/10 20:51:30]

ここ数年、縮小化傾向にあるなと感じております。
科学技術館に移る前、昭和59年ごろからこのイベントには出来る限り行っています。
私自身は、1,000円の入場料は、この会の賛助金だと思い支払っています。(招待券をいただく年もありますが、それでも1,000円は支払っております)

景気の流れの中で、また流行の中で、フェアーの規模が大小するのは、それはそれで一つの流れだと思って見ております。

楽器、周辺の小物など、発見も多く、私は十分楽しんでいます。
また、楽器もいろいろ触れるのがうれしいですね。
実際に手にとって、
これだけの数の楽器をじっくり眺める機会はありませんから。

本年の新作楽器で私が興味をもったのは

天野氏、シャコンヌオリジナルの楽器(100万円の方)、Barbieri氏、菊田氏、でしょうか…

YAMAHAの150というサイレントもおもちゃとしてはなかなかの出来でした。

弓は
Atelier Raffin、Heiko Wunderlich、K.Sugito(遺作)、K.Kawabe、

ケースは
negri の6本用 弓ケース と 三角ケース

でした。


時間がなくて、あまりリュート&ギターを見ることができなかったのは
とても残念でした

[41884]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/10 20:09:11]

「わがまま、独善的」な工房には、行かないことを衷心よりお勧めもうしあげます。碌な工房であるはずがありません。そうした工房に縁の無いことを心から幸運に思っています。
もう疲れたので、おいとま申し上げます。さようなら。
私は自分の楽器人生に心から満足していますので、他人をあーだこーだ批判するつもりは毛頭ありません。

[41878]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/10 5:07:44]

「わがまま・独善的」になりやすい傾向」は、個人事業主としては当たり前に必要です。でなければ、自分の楽器をお客さんに売り込むなどできないと思います。日本弦楽器製作者協会って一体何の目的で設立されたのでしょうか。単に弦楽器フェアのため?であれば、個人事業主の理事の方の「見識」では、質の高い企画は今後も期待できないでしょうね。「見識」はここ数年来の同じような企画などでわかります。個人事業主の行動範囲など所詮知れています。タダならまだしも、入場料=1000円とっての「見世物」としては非常に不満。「タダ」なら文句言いません。団体で「フェア運営費」は会費で全て賄えばいい。それなら立派な「唯一の社会貢献活動」となるでしょう。ウェブで「非営利法人」と明示しているなら、フェアに関する収支報告も掲載すべきではないかと思います。期間中の入場者数を含めて。
最後に一言。製作者は「医師」の役割も果たします(ただし、リペアラーとして)が、団体の名の通り「製作者」ですので、「自分の製作したバイオリンを評価していただく」ということが最も重要なことです。やむを得ぬ事情があって出展できない方もおられるかも知れませんが、出展料をタダにして最低1本以上は出展義務付けを行うことです。でなければ「製作家」なんて言われて恥ずかしくて、外を歩けないのでは。個人的には、わざわざあんな大会場で経費をかけてやる必要があるのかと思いますね。

[41860]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/06 23:16:24]

zinkさん
役員をご存知ですか?
私は3人存じています。
>>>>「わがまま・独善的」になりやすい傾向」
の無い会員ばかり沢山知っていますよ。

[41859]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/06 21:39:21]

バイオリンメーカーは個人事業主がほとんど、大規模小売店とは経済力が異なります。個人事業主のブースは「地味」、大規模小売店は「ど派手」。会員でバイオリン一丁置くだけで、出展料=25,000円。都内の1カ月の月決め駐車料より少し安い程度。来場者数が今後見込めないようだったら、大規模小売店なんて「締め出せ」ばいいのにと思いますね。より純粋なメーカーの展示会で「技術を競う」方が協会、メーカーの発展につながるのではないでしょうか。当該団体の役員は、メーカー(個人事業主)の方でしょうから、団体の運営能力に乏しいかも知れません。「経営」までそうそう勉強できないでしょう。個人事業主は「わがまま・独善的」になりやすい傾向にあります。もっとそれが「個性」につながるのですが。外部コンサルでも入れて企画したもらったらどうでしょうか。

[41858]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/06 20:59:35]

弦楽器フェアというものについて私の率直な感想は、まず第一に感謝の気持ちが大きいです。
日本人の製作者の方々とは割合親しかったお陰で、この15年間、製作者に案内してもらって団体でフェア会場を長時間巡ったことも3度ほどあります。個人で参加した折にはフェアに参加するイタリア人の製作者数人、フランス人、ベルギー人、オランダ人、その他の皆さんと親しく会話できました。また日本人製作者の知己も飛躍的に増えました。
親しくなった方の工房も随分訪問し、楽器も借り出すチャンスが増え、存分に試奏できるように計らって頂くことが出来て幸せでした。視野が広まったと思います。十分考えた上で楽器も購入しました。

日本人製作者の悪口を言うかたがこのBBSにもいらしたようですが、十分納得し理解した上で日本人の楽器も入手しました。その後イタリア人の方のヴィオラも入手し、現在大変満足して使っています。弓の製作者とも親しくなり沢山の弓を試して、素晴らしいオールドの弓も手に入れることが出来ました。
楽器や弓のメンテナンスなども優秀な方々の世話になっています。楽器のことは素人判断はやはり危険で、プロフェッショナルの判断が必要だと心から思っています。彼等のアドバイスで助けられたことは数知れません。

楽器に関しては様々なショップや工房が様々な主張をしています。特定の主張を鵜呑みにするのは大変リスキーです。情報は裏を取るのが鉄則です、それには極力多くの製作者やショップを知ることが大切です。そうすると誰のどんな主張は信頼できるか、区別がつくようになります。

それにしてもあれだけ大きなフェアを計画し運営(役員の方は無償でなさっているように理解しています)するのは実に大変です。無理をされない方が良いと心から思っています。来年度以降どうなるか気に掛かります。

[41846]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 ubuntuな人 [2009/11/05 13:55:12]

zinkさん

>「温かさのまるで感じられない」フェアになってしまいました。
> 野口英世記念館の時代はよかったな〜。

「温かさのまるで感じられない」掲示板になってしまいました。
慶応大の村井先生達率いるJUNETの初期の時代はよかったです。
ネットとオフ、ユーザ会で輝いていてそんな時代を過ごせた自分は幸せだったと感じます。

今の掲示板との一番の違いは全員名前と所属や職場を公開して会話していた点です。
利害関係のない大学をHUBにして全体がうまく繋がり、色々なプロジェクトが立ち上がり
成果がGPLできちんと積み重なって成長して行きました。
それで新しい仕事を得た人も多かったと思います。
弦楽器の世界にもそんな世界が有ったら良いと願います。

[41835]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/04 20:10:49]

zinkさん
小生は、工房はお医者さんだと思っています。
ヴァイオリンを弾く人間は工房のマイスターなしには活動できません。
だから彼等のオープンな組織の存在はとても大切です。日本弦楽器製作者協会は貴重な組織だと思っています。

私は戦前生まれのマイスターを幾人も存じています。豪快な人たちで、癖はあるものの、確かな技術と暖かい素晴らしい人格の持ち主です。彼等とお近づきになれたことは私の音楽生活に計り知れないプラスでした。
マイスターと上手に付き合わないとアマチュアといえども愉快な音楽生活は送れません。マイスターたちの連携はオープンなものであるべきでしょう。

野口英世記念館時代には製作者協会の加入条件もおおらかで、私の親しい製作者(複数)も『あの時代はとてもオープンだった。今の条件なら私なんてお呼びでない』とおっしゃいます。後に海外有名コンクール1位になった方が協会に加入が認められない事件があった筈です。コンクール後なら三顧の礼で協会に迎えるべきところでしょう。しかし、くどいようですが、個々の製作者(協会メンバー)は優れた技術と人格を持つ人に事欠きません。科学技術館時代になってもそれは変わっていません。またフェアで多くの外国人を含む製作者と直接会話できたことは私の財産です。弦楽器フェアが、今の形でなくとも今後も何らかの形で継続してくれることを希望しています。

[41834]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/04 19:54:44]

私鉄沿線横好きさま
野口英世記念館ですね。とても懐かしいです。良い時代でした。なんと言うかとてもアットホームで、よかったですね。科学技術館はもう会場としては広すぎます。車いすの障がいをお持ちの方などにはとてもよいスペースだと思いますが、そういう方もお見かけしませんでしたし。
そもそも主催される協会そのものが何のために存在するのかわからなくなっているのかも知れません。設立当初は意義があったと思いますが、相互に研鑽を積む活動などしているのでしょうか。お互いに「自分が正しい」と繰り返すメーカーの「烏合の衆」ではないでしょうか。
「温かさのまるで感じられない」フェアになってしまいました。
野口英世記念館の時代はよかったな〜。

[41828]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/03 21:40:52]

90年代後半までは、持参の楽器や弓と自由に弾きくらべたり、素朴な会でしたね。私はあの時代に散々試奏して多大な勉強をしました。
弓のすり替えがおこって、楽器持込が禁止になったあたりが第一の曲がり角で、とたんにメリットが少なくなりました。それに楽器の破損事件も再三起こるようになりました。お客のマナーもあるだろうが規模が大きすぎて協会員の目が届かないのだろうと思います。そして、第二の曲がり角は準会員が締め出されたこと。

[41827]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 K's [2009/11/03 21:24:10]

景気のこともあるでしょうが、
一度行って懲りた人も多いのではないでしょうか?

色々な楽器を手にできたり、面識のない製作者と直接話ができる格好の場ですが、とにかくあちらこちらから協奏曲やらが聞こえてきえて、長い時間はとても耐えられない。
それから、過去の出展者からも「大変な割にメリットがない」といって不参加になった人も少なからずいることを知っています。

弦楽器フェアの在り方の問題もあるのではないでしょうか?

[41826]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/03 21:17:04]

zinkさんのレスは笑えます。
日本弦楽器製作者協会が科学技術館でフェアを開きだしてから15年以上になるでしょう。その昔小さな会場(野口記念館とか言いましたっけ)で、製作者と演奏者の交流を主体に双方向的にやっていた展示会を、業者を巻き込んだ大きなイヴェントに変えたことは冒険でしたね。イタリアブームに輪をかける結果になったですし、一部幹部クラス協会員の重い負担になったのも事実でしょう。フェアのためだけの協会になった観もあります。

『準会員』と言われていた人たちがはじき出されて自由学園明日館とかいうところでやっている展示会の方がもともとのあるべき展示会のあり方に却って近い性格だと思います。
でも毎年のように科学技術館に出向いて製作者たちと意見交換をしてきた私などはフェアにはまだまだメリットはあると感じます。規模縮小でも良いからどこかで続けてはもらいたいですね。

[41824]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 zink [2009/11/03 20:45:58]

高度経済成長期から続いてきたわが国の繁栄がそろそろ終わりに近づいたのかなと思いました。もともと生活に必需なものではありません。気楽にサラリー生活を続けられる状況ではなくなった中で、これからこれに関わる人口・消費者は「下降の一途」だと思います。高齢化社会も拍車をかけます。それも「じわり・じわり」で、急激ではないでしょう。気が付いたら「フェアそのものが運営できなくなった」というように。
もともと考え方の違う個人事業主が、よくもここまで団体活動の名の元に運営できて来たと感心しています。
今年が特別なのではなく、これからも「下火」だと思います。そのうち話題にもならなくなるかも知れません。「年金問題」にたかる国です。経済力がなくなれば、弦楽器を悠長に弾いていられる状況ではないでしょう。
この国の行く末は、今年のフェアそのままではないでしょうか。企業どころかこれからは公務員だってわかりません。法人税が落ち込めば、自治体財政崩壊です。音楽を専門にやっている方は、これから政治・経済も勉強されると、無駄な設備投資をしなくて済みます。高額な弦楽器を購入し、借金に追われることもなくなるでしょう。

[41819]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 私鉄沿線横好き [2009/11/03 9:04:24]

最終日の朝10時直後に駆けつけましたが、例年の行列がなくびっくり。試奏の人が少なく感じました。大手楽器業の撤退で展示会場が縮小された由。
会員諸氏(日本人製作者)が警備に忙殺されず、お客の相手をするゆとりがあると見受けました。東横線沿線マイスター氏の美人の奥さんもお手伝いされていましたが、素敵でした。
非会員ながらクレモナ在住の天野さんのヴァイオリンと高橋明さんのヴィオラは良かったですね。あのブースは随分にぎわっていました。ちょうどBSで彼等の番組が再放送された直後ですしね。

[41818]

Re: 弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 なんとなく [2009/11/03 2:31:18]

駐車場ががら空きの感じでした。

[41816]

弦楽器フェア2009の感想?

[雑談・その他]
 カルボナーレ [2009/11/02 23:55:28]

残念ながら、今年も弦楽器フェアに行けませんでした。
例年、感想の書き込みがあるのを楽しみにしているのですが、今年はないのかな?

Copyright © 1995-1998, 2001-2020 violin@web all rights reserved.